3倍速学習法

「せっかく」を英語でいうと?状況に応じて4つの表現を使い分けよう

「せっかく」という言葉は、さまざまなシチュエーションで使われますよね。

「せっかく早起きしたのに、今日は仕事が休みの日だった。」とか、

「せっかく遠出したんだから、いろんなところに行ってみようよ。」などなど。

英語では状況に応じてこれらの「せっかく」という言葉を使い分ける必要があります。

今回は、そんな「せっかく」を表現したいときに使える英語をご紹介していきます!

「せっかく~だから」を表す「Since~」

「せっかく京都に来たんだから、金閣寺を見に行こうよ。」なんて感じで、「わざわざ~したんだから」といった意味で、「せっかく」という言葉を使う場面ってありますね。

そんな時には「Since~」といった表現が使えます。

例えば、

Since we are in Kyoto, let’s visit Kinkakuji Temple.

せっかく京都にいるんだから、金閣寺に行こうよ。

Sure, why not!

いいね。乗った!

とか、

Since we’ve come all the way to Japan, we should try Matsuzaka beef.

せっかくはるばる日本に来たんだから、松坂牛を食べるべきじゃない?

I know right. But it’s too expensive, we have to find the place we can eat cheaper price.

そうだね。でもちょっと高すぎるよね。安く食べられるところを見つけなくちゃね。

なんて感じです。

「Since~」という表現に、「はるばる」といった意味のある「All the way」なんかを付け加えると、より「せっかく来たんだから」という印象を与えることができますよ。

「せっかく~したのに」という気持ちを表すなら「After all of that~」や「Even though」

せっかく大変な思いをして何かをしたのに、残念な結果になってしまう事もありますよね。

そんな気持ちを表す時には、「After all of that~」や「Even though」などのフレーズが使えますよ。

「After all of that~」というフレーズには、「努力したのに」とか「頑張ったのに結局~だった」なんてニュアンスのあるフレーズです。

例えば、

After all of that effort, our boss dismissed my idea.

せっかく努力したのに、私のアイデアは却下されてしまった。

とか、

After all of that conversation, I realized that she does not understand anything at all.

せっかくたくさん話したのに、彼女は何も理解していないと気づいた。

なんて感じです。

努力が無駄になってしまった気持ちを表すのにピッタリな表現ですよ。

「Even though」というフレーズは学校で習った気がする!と記憶の中にある方も多いのではないでしょうか。

「~だったのに」とか、「~したのに」といった意味のあるフレーズです。

「せっかく~だったのに」と言いたいときは、

Even though I studied English in university,

I don’t have opportunity to use the knowledge in my company.

せっかく大学で英語を勉強したのに、今働いている会社ではその知識を使う機会がない。

とか、

Even though I worked so hard, I didn’t get raise this year.

せっかくがんばって働いたのに、今年は昇給がなかった。

なんて感じになります。

頑張ったのに報われなかった残念な気持ちや悔しい気持ちを表現するときに使ってみましょう。

注文の時などに使える「Might as well」

私がオーストラリアで留学中にバイトをしていたレストランで、よく耳にしたのが「Might as well」というフレーズ。

オーダーを取る時に、

Would you like to have miso soup with your dish?

ご一緒にみそ汁はいかがですか?

と聞いていたのですが、その答えに「Sure.(いいですね。)」「No thank you.(いや、いりません。)」のほかに、

I might as well.

せっかくですからいただきます。

何て答えが返ってきました。

最初はどうゆう意味なんだろう?と思っていたのですが、調べてみると「せっかくですから。」とか「それもいいですね。」といった意味があると分かりました。

この表現を使う際には、

Since the weather is pretty good, we might as well go to the park.

せっかくいいお天気だから、公園にでも行こうよ。

なんて感じで、「Since~」と「Might as well」を一緒に使う事もありますよ。

使えるとネイティブっぽさがグーンとアップするフレーズです。

「Thank you」や「Sorry」を使って気持ちを表そう

「せっかく」というフレーズを使わなくても、「Thank you」や「Sorry」という言葉を付け加えることで、「せっかく~なのに」といったニュアンスを表現することもできます。

例えば、

Thank you for your invitation but I am very busy on that day.

せっかくのお誘いですが、その日はとっても忙しいんです。

とか、

I’m sorry but I am not available on that day.

せっかくですが、その日は空いていません。

なんて感じになります。

「せっかく」というフレーズをど忘れしてしまった時には、こんな感じのシンプルな表現もアリですよ!

まとめ

  1. 「せっかく~だから」を表す「Since~」
  2. 「せっかく~したのに」という気持ちを表すなら「After all of~」
  3. 注文の時などに使える「Might as well」
  4. 「Thank you」や「Sorry」を使って気持ちを表そう

今回は、「せっかく」という言葉を英語で表現する方法をご紹介してきました。

日本語では「わざわざ」といった意味で使われる場合も、「大変な思いをしたのに」といった意味で使われる場合も、「せっかく」という言葉が使われますが、英語では同じ言葉ですべてを表すことができません。

ですので場面に応じて、正しい表現を使えるようになれると良いですね!

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<