3倍速学習法

「中断する」を英語でいうと?5つの言い方とその使い分け方

「そろそろ仕事を中断して休憩しよう。」といったかんじで、仕事を途中で中断することがありますよね。

今回は、そんな「中断する」を英語で表現する方法についてお話していきます!

「途中でやめる」といった意味のある「Drop」

「Drop」という単語は、「落とす」とか、ドロップ(飴)、「Rain drop」で「雨のしずく」など、いろんな意味のある言葉です。

ですが、この単語は「中断する」といった意味でも使えるんです!

例えば、

I dropped everything and started traveling around the world.

全てを中断して、世界旅行を始めた。

とか、

I dropped school to start my own business.

学校を中退して自分のビジネスを始めた。

なんて感じです。

「Drop」を使った表現は、やっていたことを途中で完全にやめるといったニュアンスがあります。

ですので多くの場合、やっていたことを途中でやめて新しいことを始める時なんかに使われますよ。

「Stop」で中断することを伝えてみよう

「Stop」は、何かを完全にやめてしまう時と、一時的にやめる時の両方に使える言葉です。

例えば、

I stopped writing letter to my grandma.

私はおばあちゃんに手紙を書くのをやめた。

と言うと、完全に手紙を書くことをやめたことになりますが、

I stopped writing letter while she is traveling.

おばあちゃんが旅行をしている間は手紙を書くのをやめた。

と言うと、手紙を書くことを一時的にやめているといった意味になります。

前後に来る文章で、一時的に中断しているのか、完全にストップしているのかを表すことができますよ。

会話などを中断する時には「Interrupt」

誰かが仕事をしていたり、話をしている時に、急な用件を伝えなければならない時ってありますよね。

そんな時に英語では、

Sorry to interrupt.

邪魔をしてすみません。

といった表現が使われます。

この表現には「作業や会話を中断してすみません。」といったニュアンスがあります。

ですので、要件を伝えたいときには、

Sorry to interrupt. But can I have a minute?

邪魔をして申し訳ありませんが(仕事を中断させてしまって申し訳ございませんが)、少しお時間よろしいですか?

Sure go ahead.

もちろんです。どうぞ。

I just want to let you know that our meeting will start in 5 minutes.

ミーティングが5分で始まるので、お知らせしておこうと思いまして。

Oh thank you for reminding me.

教えてくれてありがとう。

なんて感じになります。

忙しくしている人にいきなり要件を伝えるのではなく、「Sorry to interrupt.」の一言が入るだけでグーンと丁寧さがアップしますよ。

「保留する」という意味のある「Suspend」

「Suspend」という単語には、「保留する」とか「しばらく見合わせる」という意味があります。

ですので、

The road work is been suspended due to resident’s complaining.

住民のクレームにより、道路工事は中断されている。

とか、

The project is been suspended temporary.

プロジェクトは一時中断しています。

なんて感じで使われます。

「一時的な」といった意味の「Temporary」を付け加えることで、今はストップしてるけれどまた再開するといったニュアンスを表現することもできます。

また「Drop」を使った時には、

I dropped school.

学校を中退する。

といった意味になりましたが、「Suspend」を使うと、

I was suspended from school.

停学処分を受けた。

といった意味になります。

「Drop」が途中でやめてしまうのに対し、「Suspend」はいったん中止していてもまた戻る可能性があるといった感じを表せます。

休憩の為に中断するなら「Take a break」

仕事場でお昼休憩を取る時などに、「いったんお昼にしよう。」なんて言ったりしますよね。

英語では、

Let’s take a break.

と言う事で、「休憩しよう。」といった意味になります。

「Break」は休憩を取るといった意味以外にも、何かをいったん中断している時や、何かを断っているといった意味で使われることもあり、

I am taking a break from eating chocolate.

チョコレートを食べないようにしてるんだ。(チョコレートを断っているんだ。)

とか、

I am taking a break from reading books.

本を読むのをいったん中断してるんだ。

なんて感じで使ったりもします。

また、カップルが「私たち今は距離を置いてるんだ。」とか言う事もありますよね。

そんな時にも「Break」が使われ、

We are taking a break.

私たちは距離を置いています。(交際を中断しています。)

なんて感じで使ったりもしますよ。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<