「figure」の英語の意味をクリアに!イメージでわかりやすく攻略

意味が多くてなかなか使いこなせない単語figure。

どんな意味?と聞かれてもなんだかイメージがボヤけてしまいますよね。

今回はそんなfigureという単語の広い意味をカバーして使いこなせるようにしていきましょう。

figureという単語

figureという単語は2つのパーツが組み合わさって出来ています。

形という意味のfigと名詞を作る役割をするureです。

この2つのパーツが組み合わさって作られるイメージは、ざっくり言うと「ぼやけていた輪郭がハッキリする」というイメージです。

まずはこのイメージをしっかり掴んで下さい。

Figureには名詞・動詞・イディオムの3つの使い方がありますが、このイメージを掴んでおくと全ての意味が分かりやすくなりますよ!

figureの意味

それではfigureの意味を品詞ごとに見ていきましょう。

名詞

形・人の姿・図・体型

I saw his sleeping figure.
(彼の寝ている姿を見た)

Please take a look at figure A.
(図形Aをご覧ください)

Watch out your figure.
(体型に気をつけて)

動詞

〜を絵などに表す・〜だと思う・計画する・計算する・理解する・解決する

She figured herself to be a great woman.
(彼女は自分のことを素晴らしい女性だと思った)

I figure on going to Canada.
(カナダに行くことを計画している)

I’m gonna figure it out without you.
(あなたなしでもやっていける)

理解する、解決する、というのは理解できなくてボヤけていたものや、解決できなくてボヤけていたものがクリアになる=理解する・解決する、というイメージですね。

計画する、というのもバラバラでボヤけていた計画がまとまって「計画」になるというイメージです。

figureを使ったイディオム

figureは決まった形でよく使うナチュラルなフレーズを表すことのできる便利な単語です。どんなものがあるのか見ていきましょう。

It figures!
(わかった!)

That figures!
(やっぱりね)

Go figure!
(意味不明なんだけど!)

That figuresは「そうだと思ったんだよね」という意味ですが、I knew itよりも柔らかい表現です。

I knew itは「それくらい知ってたよ」という少しきつい言い方になりますが、that figuresならそのようなきつい意味はなく気軽に使える表現になります。

find outとfigure outの違い

どちらも「分かる」という意味を表すこの2つの言葉。違いはどこにあるのでしょうか?

実はこの2つの言葉は「何によって分かるのか」ということによって見分けられるのです。目で見て、または耳で聞いて理解するのがfind out。頭で考えて理解するのがfigure outです。例文を見て見ましょう。

Let’s find out how many apples are there.
(りんごが何個あるか見つけてみよう=数えてみよう)

Can you figure out this question?
(この質問が分かりますか?=解決できますか?)

余談になりますが1つ目の例文のlet’s はlet usのことなので、自分もその動作を一緒に行う時に使います。

「そろそろ寝ましょうか」と友人に言いたい場合let’s go to bedと言ってしまうと、自分も同じことをするという意味なので、同じベットに今から向かうというニュアンスになってしまいます。

このlet’s をただ「〜しよう」という意味だと捉えている人が多いので、let’s はlet usであることを頭にしっかりいれておいてくださいね。

ちなみに「そろそろ寝ましょうか」はit’s time to sleepと言えばOKです。

understandとfigure outの違い

次はunderstandとfigure outの違いです。この2つはどちらも「理解」するという意味ですが何が違うのでしょうか?

understandは解決法や理解の仕方を与えられた上で「理解できる」というニュアンスです。

一方figure outは解決法や理解の仕方まで自分で見つけてその上で「理解できる」というニュアンスになります。

理解をするまでの過程に違いがあるんですね。

まとめ

今回はたくさんの意味を持つfigureという単語をご紹介しました。

洋楽の歌詞などにもよく登場する単語なので、もし洋楽を聴く機会があったら、ぜひ気をつけて聴いて見てくださいね。

それではまたお会いしましょう!

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。