3倍速学習法

英語で緊迫感を伝えよう!「間一髪!」と言いたい時に使えるフレーズ

「ギリギリセーフ!」とか、

「なんとか間一髪間に合った~。」

なんていう危機迫った状況も英語で言えたらカッコいいですよね。

今回は、そんな状況を伝えたいときに言いたい、「間一髪!」という英語のフレーズをご紹介していきます。

「もうちょっとで~だった!」と言いたいときには「Almost」

「Almost」(オルモスト)と言う単語を聞いたことがある方も多いはず。

「ほとんど」や、「もうちょっと」とか、「ほぼ」などといった意味があります。

この単語、「間一髪」と言いたいときにも、使える優れものなんです。(笑)

例えば、

I almost missed a bus.

もうちょっとでバスに乗り遅れるところだったんだ。

(間一髪、バスに間に合った。)

I almost lost the contract.

もうちょっとで契約を逃すところだった。

(間一髪、契約を結ぶことができた。)

といった感じです。

「Almost」が入るだけで、文の意味が大きく変わってきますね。

「ギリギリのところだった!」という表現には「Barely」や「Nearly」を使ってみよう

「Almost」と同様に使うことができるのが、「Barely」(ベアリー)や「Nearly」(ニアリー)という単語。

「Almost」と、「Nearly」の意味はほぼ同じなのですが、「Almost」は「ほぼ」、そして、「Nearly」は「近く」という意味なので、「Almost」のほうが少しギリギリ感が高いと言えます。(笑)

「Barely 」や「Nearly」の使い方は、

I barely made it!

間一髪、なんとか間に合った!

I nearly gave a wrong medication.

間一髪、間違った薬をあげてしまうところだった。

などとなります。

ちなみに日本でもニアミスって言いますよね?

私は和製英語だと思っていたのですが、実は英語でもニアミスと言うんです。

ただ意味は、ミスではないけれど、ミスに近いミスと言ったニュアンスです。

なので、2番目の例文を使ってみると、

I nearly gave a wrong medication.

間一髪、間違った薬をあげてしまうところだった。

Phew, that was near miss. You should concentrate.

ふ~。ニアミスだったね。集中しなきゃダメだよ。

なんて感じに使えるので、覚えておくと便利です。

私のおススメ表現「That was close」

私が「間一髪!」と思った時に一番よく使うのが、この、「That was close」というフレーズ。

難しい単語などもないので、使いやすいんです。

直訳すると、「それは近かった」となってしまいますが、このフレーズの意味は、「危なかった。」「間一髪だった!」となります。

例えば、車を運転中などに、

Watch out!

危ない!

You almost hit the car.

車にぶつかるところだったわよ。

Phew, that was close.

ふー。間一髪だった。(汗)

といった感じになります。

日本語の「ヤバかった」と似たようなニュアンスで使えるので、いろんな場面で使えますよ♪

知っているとカッコいい表現「In the nick of time」

「In the nick of time」も「間一髪」とか、「ギリギリで」といった意味を持つフレーズ。

こういったスラングを知っていると、「おっ、そんな英語知ってるの?」とビックリされること間違いなしです!

使い方は、

I thought I will be late for the meeting but I made it in the nick of time.

ミーティングに遅れてしまうかと思ったけれど、ギリギリで間に合った。

といった感じです。

この「In the nick of time」は「Just in time」に近い意味で、「ちょうどよい時に」といった意味合いがあります。

ネイティブに近づくためには知っておきたい「Have a narrow escape」

ネイティブっぽい英語を目指すのなら、「Have a narrow escape」というフレーズも覚えておくと良いですよ。

このフレーズには、「間一髪」や、「なんとか助かった」といった意味があります。

直訳すると、「Narrow」狭いところ+「Escape」逃れるなので、「狭いところを逃れる」イコール「なんとか助かった」という意味になります。

かなり切迫した雰囲気を伝えられるフレーズですね。

例文としては、

I had a narrow escape from the fire.

火事からなんとか(間一髪)助かった。

となります。

このフレーズは、時間的なギリギリ感と言うよりも、危険なことからなんとか助かったという時に使うことができます。

状況に応じて、使えると良いですね。

まとめ

  1. 「もうちょっとで~だった!」と言いたいときには「Almost」
  2. 「ギリギリのところだった!」という表現には「Barely」を使ってみよう
  3. 私のおススメ表現「That was close」
  4. 知っているとカッコいい表現「In the nick of time」
  5. ネイティブに近づくためには知っておきたい「Have a narrow escape」

今回は、「間一髪!」という英語表現をご紹介してきました。

「間一髪」と日本語では一言で表されますが、英語にすると危機的な状況で使うものから、時間のギリギリさを表現するもの、そしてギリギリ加減も単語によって変わってきます。

ちょっとだけそんなことも頭の片隅に入れて、いろんな表現を使ってみましょう♪

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<