人気記事

サイト運営者の元北大生レオの物語です。

・なぜサイト運営をしているのか?
・なぜ就職していないのか?
・どのように個人の力で生きているのか?

留学中の方に大好評の記事です。
あとでぜひ読んでみてください。

→独学英語LIFEの裏話。不安だらけの元北大生の起業物語

オーストラリア留学ならココ!留学経験者が教えるおすすめ都市4選

オーストラリアには、魅力的な都市がたくさん。

場所によって気候も雰囲気も全然違うので、自分のライフスタイルに合った留学先を見つけることができます。

今回は、オーストラリア留学経験者の私が教える、オーストラリア留学におススメの4つの都市をご紹介します。

#1 ダントツの1位!メルボルン

私が5年ほど住んだメルボルン。本当に住みやすい街なんです。

交通機関も、バスや、電車、そして路面電車のトラムがあり、車がなくても、いろんなところに行くことができます。

街の雰囲気もとってもおしゃれで、個性的なカフェ通りや、古着屋さんがあったり、昔の建物をそのまま使っていたりもするので、クラシックな雰囲気が味わえます。

また、メルボルンの人は、都会的な冷たさはなく、道に迷ったりした時に丁寧に道を教えてくれたり、電車の手動式のドアを自分の降りる駅ではないのに開けてくれたりと、みなさん優しい人が多いんです。

気候は「4 seasons in 1 day」と言われるほど、1日のうちの寒暖差が激しかったりもしますが、慣れてしまうと夏は日本のような蒸し暑さもありませんし、冬も昼間に日が差せば暖かかったりするので過ごしやすいですよ。

#2 南国気分で留学するなら、ケアンズ

オーストラリアの都市の中でもケアンズは結構有名ですよね。観光に来る日本人もたくさんいます。

観光地での留学?と思う方もいるかもしれませんが、通年暖かい気候ですし、日本人留学生も多いので、観光気分で留学したい方や日本人が全くいない場所はちょっと不安という方にはおススメの都市なんです。

ウィークデイは学校でしっかりと勉強し、ウィークエンドはビーチに行ったり、観光を楽しむことができるので、ストレスなく留学できる留学先と言えます。

街の人も、観光地だけあって外国人に慣れているのでとってもフレンドリーですし、話す時もゆっくり話してくれたりします。また、お買い物や観光に行く際も、日本人スタッフがいる場合もあるので安心して留学生活を送れますよ。

#3 日本人が少ない場所で学びたいのなら、アデレード

あまり日本人には知られていない街、アデレード。ちょっと小さめな街なのですが、しっかりと留学したい人には最適の留学先なんです。

日本人にあまり知られていないということもあって、語学学校の日本人比率は低いので、完全な英語漬け生活が送れるのが魅力。

アデレードの街は小さいながらにも、何でもそろっているので、田舎に来てしまったという寂しさを感じることもありません。

私もメルボルンからあまり遠くない都市なので、何回か遊びに行ったことがあるのですが、ちょっと郊外に行くとレトロな街並みがあったり、きれいなビーチでのんびりできたりするので、お気に入りの街でした。

がっつり英語を学びたい方は、アデレード留学も検討してみてはいかがでしょうか。

#4 都会的な雰囲気で留学生活を送りたいのなら、シドニー

オーストラリア最大の都市、シドニー。大きい都市だからこそ、メリットもデメリットもあるんです。

シドニー留学のメリットは、学校の選択肢が多いということ。私もメルボルンでの語学学校の後に、英語教師の資格を取るコースを探していたのですが、メルボルンにはないような魅力的なコースがシドニーにはたくさんあって、やはり大都市は違うなぁと感じました。

また、都会の生活を楽しめるのもシドニーの魅力。大都市だからこそ、日本の食材も簡単に買うことができますし、オシャレな街並みを楽しむこともできちゃうんです。

デメリットは、物価の高さ。特に、レントと呼ばれる家賃は、とっても高くて、シェアルームでも月に5万円から10万円ほどはかかります。

ただ、オーストラリアは、アルバイトの時給も高いので、学校に行きながら、バイトもすれば、そこまで負担に感じずに留学生活を送ることもできますよ。

まとめ

  1. ダントツの1位!メルボルン
  2. 南国気分で留学するなら、ケアンズ
  3. 日本人が少ない場所で学びたいのなら、アデレード
  4. 都会的な雰囲気で留学生活を送りたいのなら、シドニー

私が留学生活をしてみて、良かったな~と思った都市をご紹介してきました。

自分が行きたい学校だけではなく、どんな街で留学したいのかも考えて留学先を決めるのもよいですよ。

自分に合った留学先を見つけて、留学生活をエンジョイしましょう。

個人のスキルを高めたい方へ

僕は大学生の頃に
このサイトを立ち上げました。

ネットで発信すること。
それが僕の仕事です。
現在は誰からも雇われずに生活しています。

正直怪しいと思います。
けどこれまでに何十人もの留学経験者や
英語を勉強している方の相談を受け、
僕の経験をお話することで
めちゃくちゃ刺激になったという方がいます。

すべての方に当てはまるかは不明ですが、
僕がどのようにして
現在の個人で生きる道にいたったのか?

下記の記事では
僕、運営者レオの物語を書いています。

意外とゆるい感じで書いてるので、
興味のある方は読み物の感覚で
さらっと読んでみてください。けっこう楽しめるかと思います。

→【独学英語LIFEの裏話】22歳の頃に起業したレオの物語