人気記事

サイト運営者の元北大生レオの物語です。

・なぜサイト運営をしているのか?
・なぜ就職していないのか?
・どのように個人の力で生きているのか?

留学中の方に大好評の記事です。
あとでぜひ読んでみてください。

→独学英語LIFEの裏話。不安だらけの元北大生の起業物語

オーストラリアのおすすめ料理は?私がめっちゃ旨いと感じた料理6選

オーストラリアに行くのなら、オーストラリアならではの食べ物にトライしてみましょう。

日本では食べたことのないようなオーストラリアンフードに出会えますよ。

今回は、オーストラリアに留学していた私がおススメする6つのオーストラリアンフードをご紹介します。

オーストラリアと言ったらミートパイ

オーストラリアの代表的な料理と言ったら、ミートパイ。

コンビニやカフェでも売られていますし、スーパーでも、冷凍されたものが売っていて、家で温めるだけでおいしく食べれます。

私が住んでいたシェアハウスのオーストラリア人の友人も、3日に1度ほどの頻度で食べていたぐらい、オーストラリアではポピュラーな食べ物です。

ミートパイ以外にも、クリーミーチキンや、ベジタリアンなど、いろんなフレーバーが出てきているので、いろんなパイを楽しめますよ。

オージースタイルな和食にもトライしてみて

オーストラリアでも日本食は人気。ですが、日本で食べるものとはちょっと違っているんです。

一番よく目にするのが、すしロールと呼ばれる、巻き寿司なんですが、ファストフードのような感覚で食べられていて、中身も、照り焼きチキンや、エビのてんぷら、焼き肉など、とってもユニークなんです。

見た目もカラフルですし、日本とは違った味を楽しめるので、オージー風日本食も試してみる価値ありですよ。

オージースイーツと言ったらパブロバ

パブロバは、オーストラリアの伝統的なスイーツ。パブロバとは、サクサクに焼かれたメレンゲに、クリームやベリー、フルーツソースなどをトッピングして食べるスイーツ。

日本ではあまり聞いたことのないお菓子ですよね?オーストラリアでも、日常的な食べ物ではありませんが、レストランやカフェで目にすることがあります。

オーストラリアっぽいお菓子にトライしたいのなら、ぜひパブロバを注文してみましょう。

いろんな国の料理も楽しみましょう

移民の国とも言えるオーストラリア。街を歩いていても、いろんな人種の人がいるのに気づきます。

そのため、食べ物も、タイ料理やインド料理、ギリシャ料理など、いろんな国の食べ物が楽しめちゃうんです。いろんな国のレストランを訪れれば、オーストラリアにいながら、世界旅行をしている気分が味わえますよ。

私が出会った中でも、一番おいしいと感じたのが、トルコ料理。日本でも、ケバブが流行っていたりしますが、私はオーストラリアで食べたケバブが初ケバブでした。スパイスもたくさん使っているのですが、インド料理のように辛くはなく、日本人に合う味なんです。

ストリートフードのケバブラップ(ケバブやサラダをトルティーヤで巻いたもの)から、本格的なトルコレストランもあるので、いろんなトルコの味を楽しめますよ。

日本では食べられないような肉料理に挑戦してみよう

オーストラリアと言えば、オージービーフですよね。ビーフも良く食べられるのですが、それ以外にも、日本ではなかなか目にする事のないようなお肉が売られているんです。

最近は日本でも、ダイエット効果があるなんて言われて、知られるようになってきているカンガルーミート。オーストラリアでは、ルーミーとと呼ばれ、スーパーでも売られていて、BBQなんかにしてよく食べられています。

そして、私が一番衝撃を受けたのが、ワニ肉。アルバイトしていたレストランの親睦会に行ったときに、知らずに食べてしまったのですが、鶏肉のような感じで、臭みもなく、意外とおいしかったです。

もし、新しい味に挑戦したいという方は、日本では食べられないお肉を食してみてはいかがでしょうか。

オーストラリアならではのコーヒーを楽しもう

あまりイメージはないかもしれませんが、オーストラリアはコーヒーも有名なんです。

特にメルボルンはカフェの街と言われるほど、カフェが至る所にあります。オーストラリアのコーヒーの味を知ってしまったら、他のコーヒーが飲めなくなってしまうほど、本当においしいんです!

オーストラリアでは、日本でもなじみのあるラテやカプチーノ以外にも、ミルク多めで、泡が少なめなフラットホワイト、ロングブラックと呼ばれるブラックコーヒーなどが主流。ミルク入りのコーヒーは、ミルクの甘さと、きめ細やかな泡、そしてコーヒーの苦みがマッチして、毎日飲みたくなる味なんです。

エスプレッソコーヒーを使用しているので、コーヒーの風味が強すぎると思ったら、「Weak」(コーヒー少な目)で頼むこともできますし、寝不足な朝に強めのコーヒーがほしい時は、「Strong」(コーヒー多め)や、「Extra shot」(コーヒーショット追加)なんていうオーダーもできます。

自分の好きな味にコーヒーをカスタマイズして、ベストコーヒーに出会いましょう。

まとめ

  1. オーストラリアと言ったらミートパイ
  2. オージースタイルな和食にもトライしてみて
  3. オージースイーツと言ったらパブロバ
  4. いろんな国の料理も楽しめちゃうんです
  5. 日本では食べられないような肉料理に挑戦してみよう
  6. オーストラリアならではのコーヒーを楽しもう

オーストラリアに行ったら、オーストラリアの伝統的な料理から、いろんな国の料理までいろんな料理を楽しんじゃいましょう。日本では食べられないような、新しい味に出会えますよ。

個人のスキルを高めたい方へ

僕は大学生の頃に
このサイトを立ち上げました。

ネットで発信すること。
それが僕の仕事です。
現在は誰からも雇われずに生活しています。

正直怪しいと思います。
けどこれまでに何十人もの留学経験者や
英語を勉強している方の相談を受け、
僕の経験をお話することで
めちゃくちゃ刺激になったという方がいます。

すべての方に当てはまるかは不明ですが、
僕がどのようにして
現在の個人で生きる道にいたったのか?

下記の記事では
僕、運営者レオの物語を書いています。

意外とゆるい感じで書いてるので、
興味のある方は読み物の感覚で
さらっと読んでみてください。けっこう楽しめるかと思います。

→【独学英語LIFEの裏話】22歳の頃に起業したレオの物語