人気記事

サイト運営者の元北大生レオの物語です。

・なぜサイト運営をしているのか?
・なぜ就職していないのか?
・どのように個人の力で生きているのか?

留学中の方に大好評の記事です。
あとでぜひ読んでみてください。

→独学英語LIFEの裏話。不安だらけの元北大生の起業物語

意外と知らない「mean」の意味とは?動詞・形容詞・名詞としての使い方

meanは「意味する」という意味を持つイメージが強いのではないでしょうか。

meanは動詞・形容詞・名詞の使い方ができる単語です。品質によって使い方が変わるだけでなく、ざまざまな意味を持っています。

meanにこんな意味があるんだと新しい発見になるかもしれません。

私はmeanの単語を詳しく調べたときに、はじめて知った意味と使い方があって驚きました。

詳しい意味と使い方を勉強すると、今までのmeanのイメージが変わるかもしれません。

一つの単語を丁寧に勉強するのは、大切な勉強だと思います。コツコツ勉強していきましょう。

meanの意味と意味別使い方

最初にも言いましたが、meanの日本語訳のイメージは「意味する」だと思います。

その他にもニュアンスが違う使い方ができます。

品詞が違えば、meanの意味は大きく変わります。

知ってるつもりになっている単語でも大人になってから勉強をやり直すと、知らなかった意味と使い方を勉強することができます。

では、詳しく解説していきます。

動詞としての意味

一般的によく使うのは動詞で「意味する」という意味での使い方です。

It means to busy.

それは忙しいことを意味する。

ほかにも、「~するつもりだ」という意味で使うことができます。

I mean this chocolate for my kids.

私はこのチョコレートを子供にあげるつもりです。

「重要性がある」という意味もあります。

The relationship means to the job.

信頼関係は仕事にとって重要だ。

「~するとつもりだ」という意味で使うときは、語順に注意が必要です。S+V+Oを意識しましょう。

形容詞としての意味

meanを形容詞として使うときには、「意地悪な・卑劣な・けちな」という意味になります。

私が1番驚いたのがmeanにこのような意味を持つということです。

He is so mean.

彼は意地悪だ。

She is mean to me.

彼女は私に意地悪をする。

I am mean with my money.

私はお金にけちだ。

形容詞で使うとmeanの持つ意味が随分変わりますよね。

ほかにも、「平均的な・中間の」という意味があります。

I take a mean position.

私は中立的な立場を取ります。

いろいろな使い方ができます。

名詞としての意味

meanは名詞では「平均値」という意味になり、meansは「手段」、meaningとすると「意味」をいう意味で使うことができます。

それぞれmeanの形を変えることで持つ意味が変わるので、使い分ける必要があります。

意味の違いを理解して正しい使い方をするようにしましょう。

meanは品詞や形が変わることで意味が七変化する

meanの意味と使い方を詳しく解説しました。

あなたのmeanという単語のイメージが少し変わったのではないでしょうか?

私自身がmeanを詳しく勉強したことでイメージがすっかり変わりました。

形容詞で使うとネガティブな意味になるところが、衝撃でした。

まだまだ英語の勉強が足りてないなぁと思うのと、新しい発見があって面白い勉強だと思っています。

ボキャブラリーを増やすためには必ず勉強しなければならないことですので、あなたもどんどん英語の新しい発見をしてくださいね。

個人のスキルを高めたい方へ

僕は大学生の頃に
このサイトを立ち上げました。

ネットで発信すること。
それが僕の仕事です。
現在は誰からも雇われずに生活しています。

正直怪しいと思います。
けどこれまでに何十人もの留学経験者や
英語を勉強している方の相談を受け、
僕の経験をお話することで
めちゃくちゃ刺激になったという方がいます。

すべての方に当てはまるかは不明ですが、
僕がどのようにして
現在の個人で生きる道にいたったのか?

下記の記事では
僕、運営者レオの物語を書いています。

意外とゆるい感じで書いてるので、
興味のある方は読み物の感覚で
さらっと読んでみてください。けっこう楽しめるかと思います。

→【独学英語LIFEの裏話】22歳の頃に起業したレオの物語