3倍速学習法

「手前」や「奥」などの位置関係を英語で言いたい!使える単語と例文集

「手前」、「奥」、「向かい側」や「内側」など、位置を表す言葉はとても種類があり、どんな状況においてもよく使いますよね。

日本語で言うには問題ないけれど、いざ英語で言うとなると途端に難しく感じてしまいます。

当てはまる単語を知らない、または例えば「In front of〜」で「〜の前に」という意味になりますが、「Front」だけ知っていてもこのイディオムを知らなければうまく伝えることができません。

今回は「位置関係」ということで、表現できるようになるために覚えなくてはいけない単語が多いです。

できるだけ簡単な例文でそれぞれの単語やイディオムを紹介しますので、どんどん身近なものを使って表現して、実際に単語を使ってくださいね。

単語を知ってから実際にぱっと言えるようになるまでには時間がかかりますが、どんどん使って身につけていきましょう。

「手前」や「向かい側」、「隣」など自分からの距離を表す英語

位置関係を表す際、比較的難しい単語は使いません。ですが咄嗟にはなかなか出てこないものです。

また例えば「手前」は言えたとしても、「手前から3番目」など、合わさってしまうとどうでしょう。

難しく感じませんか?

図などが書ける環境であればそれで伝えてもいいでしょう。または実際に指し示したいものがある場合には色や形で伝えられる場合もあります。

そうでない場合、こればかりは覚えて対策をとる以外に手段はありません。

・写真の中にいる手前/奥の少女が私の姉です。

「The girl who is in the (front/back) in this picture is my sister.」

・一番前/奥に座りたい。

「I would like to seat in the very (front/back).」

・手前/奥から3番目の人は手をあげて。

「Please hands up if you are the third person from the (front/back).」

・手前/奥に見えるのが海です。

「What you can see (just there/in distance) is the sea.」

・手前/奥にそのレバーを引いてください。

「Tilt the lever (toward/away from) the operator.」

・この建物の隣/向かいにあるのが映画館です。

「The building (next to/across from) this is a cinema.」

・駅の手前で止まってもらえますか。

「Could you stop just before the station, please?」

「前」を表す「Front」か、後ろを表す「Back」でかなりのことが言えます。

「一番〜」と言いたいなら「Very」をこれらの単語の前につけます。

また「〜番目の……」と言いたい場合には、序数(ワン、ツーではなくファースト、セカンドなど)のついた名詞を「From the back/front」の前に置きます。

何かを自分に近づける、またはすでに近いものに対しては使う単語が違ってくるので確認してください。

「上」や「右端」など上下や左右関係がある場合に使える英語

今度は上下や左右の位置関係を表現する方法を紹介します。

また先ほど紹介した表現も加えて例文を出しますので、どう組み合わさっているのか確認をしてください。

・天井の右端にはライトがついている。

「There is a light on the far right of ceiling.」

・左に曲がると右手に駅があります。

「Turn left, and you will find the station on your right」

・奥の上/下の方の像が好きです。

「I like the (upper/lower) statue in the back.」

・机の真ん中に本がたくさん置いてある。

「There are many books in the middle of on the desk.」

・手前の真ん中に置いてあるグラスをとってもらえますか?

「Could you pass me the grass on the center in the front?」

・鳥が一羽海の上を飛んでいる。

「A bird is flying above the sea.」

「遠い」という意味の「Far」を使って「端」を表現することができます。

また「Center」と「Middle」はどちらも「真ん中」という意味がありますが、「Center」のほうが「ちょうど真ん中」にあります。

「上」を表す際は、密接しているなら「On」を使います。天井の照明のように下についている場合でも使用します。

そうでない場合は「Above」を使って表現することができます。

「内側」「外側」など何かの内外の位置関係を表現するときに使える英語

家の中などで使える「内」「外」や「裏」「表」といった表現をここでは紹介します。

・部屋の中/外側

「(inside/outside) of the room.」

・家の表/裏

「The (front/back) of the house 」

・この部屋の中には机と椅子があります。

「There is a desk and a chair in this room.」

・家の中庭/外庭に木を植えたい。

「I want to plant a tree in the (courtyard/yard).」

「In」と「Out」は内外を表す接頭語としてよく使われていますね。

「インテリア」「アウトドア」など様々な単語があるので確認してみましょう。

「手前/奥」と同じように表裏も「Front/Back」を使って表すことができます。

また単に「中に」と言いたい場合であれば「In」だけで言うことができます。

外庭、中庭のように1つの単語として存在している場合もありますので、その都度調べて覚えて行くしかありません。

まとめ

今回は位置関係に関わる英語について紹介しました。

  1. 自分からの距離を表す場合の様々な表現
  2. 上下、左右の関係がある場合の表現
  3. 内外、表裏の表現

表現方法が調べれば調べるだけ出てきてしまうのが位置関係に関する英語です。

どれが正しいのか迷うこともありますよね。

間違えてしまっても何が違っていて何が正解なのかがわかれば次には正しいものが言えるようになります。

怖がらずに使って、自分の表現にしていきましょう。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<