3倍速学習法

「決意する」を英語でいうと?状況に合わせて使える5つの表現

留学することを決意したり、英語の勉強をしようと決めたり、何か新しいことをする時って、ワクワクドキドキしますよね。

私もオーストラリアに留学することを決意した時は、ワクワクしながらも、不安の入り混じった不思議な気持ちだったのを覚えています。

今回はそんな「決意する」と英語で言いたいときに使える表現をご紹介していきます!

何かを決めた時は「Decide」で表そう

「Decide」という単語には、「決断する」とか「決心する」という意味があります。

日常会話の中でもよく使われる単語のひとつです。

使い方は、

What will you study in university?

大学で何を勉強するの?

I’ve decided to study law.

法律を学ぶと決意したよ。

Wow that’s going to be awesome!

そうなんだ。それはいいね!

なんて感じになります。

「Decide」は、いくつか選択肢がある中でひとつの事を選んで決断するといったニュアンスがあります。

いろいろ考えた末に決意した時には「Decide」を使って表現してみましょう。

かっこいい言い方をしたいなら「Make up one’s mind」を使ってみよう

「ネイティブらしく決意したことを伝えたい!」という方には、「Make up one’s mind」というフレーズがおススメ。

「Mind」には、「気持ち」とか「心」という意味があるので、「Make up one’s mind」で「心を作る/決める」=「決意する」といった意味になっています。

例えば、

I made up my mind to study abroad.

留学を決意した。

とか、

Have you made up your mind to sign up for the gym?

ジムに入会するか決意で来た?

No, I haven’t.

いや。まだなんだよね。

You are so indecisive.

ほんと優柔不断だよね。

なんて感じになります。

「Indecisive」という言葉も、決意するとは反対の意味の「優柔不断」とか「決断できない」と言いたい時に使えるので、一緒に覚えておくと便利ですよ。

また、「Make up one’s mind」は「決意する」という強い意志を示す時だけでなく、日常生活の中でちょっとしたことを決める時にもよく使われ、

I made up my mind to live in Tokyo.

東京に住むことを決めたんだ。

とか、

I like hamburger but I am craving for fried chicken…

ハンバーガーは好きだけど、フライドチキンが無性に食べたいんだよね。

Come on. Make up your mind!

早く決めてよ。

といった感じで使ったりもします。

「Make up one’s mind」はどちらかと言うと口語的な表現なので、友達との会話やカジュアルな会話の時に使える表現です。

強い意思を表したいなら「Commit」で表現しよう

最近ではビジネス用語でも「コミットする」という感じで「Commit」という単語が使われたりしますよね。

この単語には「約束する」とか「同意する」という意味があります。

「約束する」という単語がどうして「決意する」という意味になるの?と思いますよね。

「Commit」という単語には、「責任をもって~する」とか「強い意志を持って同意する」といったニュアンスがあるので、「強い決意をもってやってやるぞ!」という感じがあり、強い意志を表すことができます。

例えば、

Why are you doing volunteer work?

なんでボランティアしてるの?

I committed myself for this volunteer work and I love doing it.

ボランティアをすると(強い意志を持って)決意したし、ボランティアが好きなんだ。

とか、

I’ve committed myself to get this job done by Monday.

この仕事を月曜日までにやり遂げると決意した。

なんて感じで使えます。

結果を出すために努力すると決意した時などに使ってみましょう。

決心したことを表すなら「Determine」

決心して何かに取り組むと言いたい時に使えるのが「Determine」という単語。

「Determine」には「判断する」とか「見極める」といった意味もあります。

「決意する」といった意味で使う際には、

I am determined to start jogging every single day from now on.

今日から毎日ジョギングをするって決心したんだ。

Wow you are so pumped up!

めっちゃやる気だね。

なんて感じになります。

決めたことを「絶対にやるぞ!」という強い決意を表す時にピッタリの言葉です。

何かを解決するために決意するなら「Resolve」

「Resolve」も「決意する」といった意味で使える単語です。

この単語には「解決する」といった意味もあり、「解決するために何かを決定する」といったニュアンスのある言葉です。

例えば、今の仕事を辞めたいけど、どうしようと迷った結果、新しい仕事に就くことでその問題を解決したのなら、

I resolved to get a new job.

新しい仕事に就くと決意した。

と言う事ができますし、

誰かの言葉が気持ちを固める解決策になった時などにも、

My mother’s word resolved me to open my own bakery.

母の言葉で、自分のパン屋さんをオープンすることを決意させてくれた。

なんて感じで使えます。

「Resolve」はフォーマルな表現なので日常会話ではあまり聞かれませんが、覚えておくと良い単語です。

まとめ

  1. 何かを決めた時は「Decide」
  2. かっこいい言い方をしたいなら「Make up one’s mind」
  3. 強い意思を表したいなら「Commit」
  4. 決心したことを表すなら「Determine」
  5. 何かを解決するために決意するなら「Resolve」

今回は、「決意する」と言いたいときに使えるいろんな英語の表現をご紹介してきました。

どの表現も少しづつニュアンスが違ってくるので、どのような場面での決意なのか、どのくらい強い意志なのかによって、単語を使い分けていきましょう。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<