「結構です」と伝える5つの英語表現!相手に気持ちよく断るには?

英語で何かを断るときに「No thank you」と言っていませんか?

もちろん間違った表現ではないですし、良く使われるフレーズではあります。

ですが、他にもいろんなバリエーションを覚えて英語の幅を広げましょう。

今回は英語で「結構です」と言いたいときの5つのフレーズをご紹介します。

ネイティブのように断るなら「I’m ok. / I’m fine. / I’m good.」を使ってみよう

ネイティブが良く使うフレーズが、この「I’m ok. / I’m fine. / I’m good.」という表現。

「結構です。大丈夫です。」と言いたい時に使うことができます。

使い方の例としては、

「Do you want a slice of pizza?」

ピザ一枚食べる?

「No, I’m ok.」

いいえ、結構です。(大丈夫だよ。)

「We are going for movie tonight, do you want to join?」

今夜映画見に行くんだけど、一緒にどう?

「No, I’m good.」

いや、いいや。(遠慮しとく。)

と言う感じになります。

日本語でも、「あ~いいや。大丈夫。」と言うのと同じですね。友達同士や会社の仲間、レストランの店員さんなど、誰にでも使えるフレーズなので、覚えておくと便利ですよ。

より丁寧な表現にするなら、感謝の言葉を付け足そう

丁寧に断りたいときには、「Thank you」などの感謝の言葉を付け加えることもできます。

例えば、

「Would you like some beer?」

ビールはいかがですか?

「Thank you, but no thank you.」

ありがとうございます。でも、結構です。

と言うことができますし、よりネイティブな表現を目指すなら、

「Would you like another cup of coffee?」

もう一杯コーヒーお飲みになりますか?

 「That’s very nice of you, but I’m fine.」

聞いてくれてありがとう。でも大丈夫です。(結構です。)

となります。

ありがとうの言葉を付け足すだけで、断るときも優しく聞こえますよ。

カジュアルに断ろう「I’ll pass.」

友達の間でよく使われるのがこの「I’ll pass.」というフレーズ。

日本語でも、「今日はパスしとく~。」と言ったりしますよね。英語でも同じで、

「Hey, do you want to go for dinner tonight?」

ねえねえ、今夜ごはん行かない?

「Umm, I’ll pass. 」

うーん。今日はパスしとく。(やめておく)

というように使うことができます。

Noとは言わずに、「やめておく」と言うことで、遠回しに相手の提案をお断りすることができるフレーズです。

ハッキリ断りたくないときは「Maybe later」

「Maybe later」も良く使われるフレーズ。「多分後でね。」と言う意味になります。

相手を思っての優しい表現ではありますが、時と場合によっては、相手を混乱させてしまうこともあるので注意が必要。

私もオーストラリアのレストランで働いていた時に、

「Would you like some tea?」

お茶はいかがですか。と聞いた時に、お客様が、

「Maybe later.」

「多分後でね。」と言われて、

ずーと待っていたのに、そのままお茶は頼まずに帰っていってしまったことがあって、「後で。と言っていたのに。」と思ったことがありました。

後になって、これはそういうフレーズであることが分かったのですが、ネイティブではない人にとっては、まぎらわしい表現ではありますね。

ただ、ストレートに断りたくない気持ちの伝わる優しい断り方ではあります。

理由を付けてお断りしてみよう

ストレートに断りたくない時には、理由を説明するという方法もあります。

例えば、ホストファミリーと夕食を食べている時に、

「Would you like more soup?」

もっとスープはいかがですか?

「Thank you but I had enough.」

ありがとうございます。でも、十分いただきました。

とか、

「You are not eating much, can I give you my egg sandwich?」

あなたあんまり食べてないじゃない。私のタマゴサンドちょっと食べる?

「Thank you but I’m allergic to eggs.」

ありがとう。でもタマゴアレルギーなんだ。

というふうに、「No」と言う言葉を使わずに断ることもできます。

日本人の留学生の中には、ホストファミリーに「No thank you」と言うのが気が引けてしまうという方もいます。

ですが、食べられないものを無理して食べたり、嫌なことを無理してすることはありません。

しっかり理由を伝えて、丁寧にお断りすれば、失礼になることはないので大丈夫ですよ。

まとめ

  1. ネイティブのように断るなら「I’m ok. / I’m fine. / I’m good.」
  2. より丁寧な表現にするなら、感謝の言葉を付け足そう
  3. カジュアルに断ろう「I’ll pass.」
  4. ハッキリ断りたくないときは 「Maybe later」
  5. 理由を付けてお断りしてみよう

英語にはストレートな表現が多いのですが、何かを断る時などは、相手を傷つけないように遠回しに言ったり、言葉がきつくなり過ぎないように話すこともあります。なんだか日本語と似ていますよね。

いろんな「結構です」というフレーズを覚えて、自分らしい英語を話せるようになりましょう!

ーーー

このブログを運営しているREOです。

24歳の現在、僕は就職をせず、
世界中を飛び回って生活をしています。

一度きりの人生、やりたいことは沢山ありました。
そのために英語も勉強してきました。

けど現実はきびしく、
時間も限られているし
金銭的な問題もあるし
生活のために働く必要もある。

せっかく英語を勉強しても、
理想の人生を実現するのは簡単じゃなかった。

こちらのレポートにも書いたように
当時は様々な苦悩がありました。

そんな僕でも、今では英語を武器に
個人として自立していける力を身につけ
理想としたライフスタイルを実現できています。

下記、僕の無料メルマガでは
英語×自己実現の具体的内容を発信してるので、

現状の生活に物足りなさを感じている、
まだまだ人生で挑戦したいことが沢山ある、
そんな方はぜひ登録いただけると嬉しいです。

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<