3倍速学習法

「work out」の意味や正しい使い方は?ネイティブの感覚を捉えよう

英語のネイティブの人と話していると、言葉をよく耳にする「work out」。

この「work out」、英語を喋る時に私もたまに入れてみるのですが、なんだかネイティブに近づいているみたいで 「わ、生の英語を喋っちゃったみたい!」なんて感じたりしてしまいます(笑)

でも、まだ「work out」という言葉は、なかなか日本人にとっては馴染みがないのかもしれません。

私も、アメリカに住んで10年になりますが、まだまだ英語と日本語の違いに驚かされることばかり。この「work out」もその一つです。

そんなアメリカ在住10年の私が、ネイティブとの関わりから知り得る「work out」の意味や使い方をいろいろとご紹介したいと思います。

「work out」の 意味

辞書で「work out」を調べてみると

「次第に出てくる」「算定される」「解ける」「(うまく)いく、結局(…)となる」「訓練する」「練習する、運動する」

など、たくさんの意味があります。

でも、英語を使うネイティブの人に聞いて見たところ、このうち主に使うのは2つ。

  1. 「(うまく)いく、結局(…)となる」
  2. 「練習する、運動する」

だそうです。

もちろん、このようにたくさんの意味があることを知っておくのは大切でしょうが、でも、たった2つ覚えておけば、生の英語を話せるということですね。

では、1つずつどうやって使うかを見て行きましょう。

「(うまく)いく、結局(…)となる」の「work out」の使い方

この使い方の「work out」、よく耳にします。

日常で英語のネイティブの人と話すときは勿論、例えば、ドラマなんかを見ていても本当によく耳にするので、注意して聞いてみてほしい言い回しです。

この「work out」を使うシチュエーションというのは、単に「うまくいく」というだけでなくて、「ちょっと努力を伴ってうまくいく」という時に使うことが多いですね。

「やるだけのことはやったけど、まだ結果がわかってない」。そんな時に「うまくいくといいね!」っていう場合に使ったりします。

例えば、

You studied hard for today’s test! I hope it works out well !

(今日のテストのためにすごく勉強してたよね!うまくいくといいね!)

It’s the first time to go out with her tonight. I hope things work out smoothly.

(今日、彼女と初めてのデートなんだ!問題なくうまくいくといいな!)

みたいな感じです。

それが転じて、この「work out」には、「みんなの意見を出し合って(out)、努力して物事がうまくいく」という意味があります。

つまり、「(話し合いや協力を得て、合意し)結局(…)となる」と、なるんですね。

「練習する、運動する」の「work out」の使い方

では、「練習する、運動する」の「work out」の使い方を見てみましょう。

こちらも、本当によく耳にします。

スポーツをやっているうちの息子は「今日workoutした〜」とか「今日のworkoutはきつかったな!」 とか日本語に混じって使っています。

では、どういう時に使うのでしょうか?

英語を話すネイティブの方は「work out」を「exercise」と同様に使います。

やらされているのではなく、自分から自主的に「運動する」「練習する」と言う意味に近いですね。

私はジムに通っているのですが、アメリカの皆さん、本当に「workout」が好きで、一生懸命走ったり筋トレを自主的にやっているのを目にします。

この「work out」の使い方としては

I go to the gym to work out twice a week.

(週に2回、ジムでトレーニングしてます)

I’m going to run today. Do you want to work out with me?

(今日、走ろうと思ってるんだ。 僕と一緒に走る?)

てな感じです。

この「work out」を日本語のサイトで調べると

work outはジムでの激しいトレーニングを意味し、exerciseはジョギング、ハイキング、ウォーキングするなどの軽いトレーニングを意味する

と書いてあることがあるのですが、私が複数のネイティブの若者に聞いたところによると、「ジョギングする」とか「ウォーキングする」とかも「work out」を使うと言っていました。

もしかしたら、激しい運動に使っている人もいるかもしれませんが、私の周りでは、「exercise」と同じように使っている人が多いいってことですね。

それから、もう皆さん、お分かりでしょうが、動詞として使う場合は「work out」、そして名詞として使う場合は「workout」となります。

「exercise」は動詞でも名刺でも同じですね。

ここで注意したいのが、日本語にある「training」と言う言葉。

「work out」は、日本語で「トレーニングする」と言う意味がにとても近い気がします。

でも、そのまま英語で「traininig」を使ってしまうと、ちょっと違う意味に取られてしまいますよ。

英語の「training(動詞 : train)」は、誰かにやらされているトレーニングという意味になってしまうのです。

わかりやすい例えをすると、「犬をしつける」場合とか「軍隊の訓練」の場合など。自分からやっているのではなく、誰かにやらされている的な時に、trainingを使うんですね。

The training with my coach was so hard today.

(今日のコーチのトレーニングは、きつかったな〜)

という具合です。

まとめ

というわけで「work out」の意味は・・

  1. 「(うまく)いく、結局(…)となる」の意味の「work out」
  2. 「練習する、運動する」の意味の「work out」
  3. 「work out」は「exercise」と同じで「training」とは違う

ぜひこれらの意味を覚えて、使ってみてください。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<