人気記事

サイト運営者の元北大生レオの物語です。

・なぜサイト運営をしているのか?
・なぜ就職していないのか?
・どのように個人の力で生きているのか?

留学中の方に大好評の記事です。
あとでぜひ読んでみてください。

→独学英語LIFEの裏話。不安だらけの元北大生の起業物語

「普段」を英語でいうと?日常会話でよく使う3つの表現を覚えよう

「普段何してるの~?」とか、「それって普段着?」なんて時に使う「普段」という言葉。

英語ではなんて言ったらよいのでしょうか?

この記事では海外生活7年目の私が、海外で学んだ「普段」と言いたいときに使える英語フレーズをご紹介していきます!

「普段」と言うには「Usually」を使おう

「普段」という言葉を英語で表現するときには、「Usually」という単語ががよく使われます。

例えば、

I usually go to gym after work.

私は普段仕事の後にジムに行きます。

I usually wake up at 6.

普段は6時に起きるよ。

なんて感じです。

毎日のルーティーンや、日々行っていることを言いたいときに、この「Usually」を使う事で、「普段」していることを伝えることができます。

また、「いつも通り」、「普段通り」という意味の、「As usual」というフレーズも日常的に使われます。

例えば、私が留学中に働いていたレストランでオーダーを取る際に、

What can I get for you today?

今日は何にしますか?

と聞くと、常連客の方から、

As usual.

いつもので。(普段通りので。)

何て言う答えが返ってくることもありました。

また、あいさつを交わすときにも、

How’s it going?

元気にしてた?

Nothing special, as usual.

普段通り、特に変わったことはないよ。

なんて感じで答えることもありました。

「As usual」は、毎日の会話の中で、よく使われるフレーズなので覚えておきましょう!

「Everyday」も普段という意味になる!

「Everyday」といえば、「毎日」という意味ですよね。

ですが、この「Everyday」という単語を使って、「普段」という表現ができちゃうんです。

例えば、

Checking the news in the morning is my everyday routine.

朝のニュースをチェックすることは、私の普段のルーティーンです。

とか、

Why do you dress up so nicely?

なんでそんな素敵にドレスアップしてるの?

Do you think so? But this is my everyday cloth.

ドレスアップしてるように見える?これ私の普段着よ。

なんて感じです。

「普段着」は英語で「Everyday Cloth」とか、「Casual Wear」なんて呼ばれます。

「普段着るもの」だから、「毎日の洋服」=「Everyday Cloth」という表現になっているようです。

「Ordinary」で「普段」を表そう

「Ordinary」という単語も「普段」を表すのに使える単語。

例えば、

Do you come here often?

このお店よく来るの?

Yes, this is my ordinary place.

普段からよく来る店なんだ。

なんて感じになります。

「Ordinary」という単語には、「普段の」とか「普通の」といった意味があり、特別ではなく普通の、いつも通りのといった意味があります。

また、この「Ordinary」から派生した言葉に、「Extraordinary」という単語があります。

この単語は、「並外れた」とか「驚くほどの」といった、「通常ではないこと」を示すときに使います。

例えば、

I went to the new movie theater and it was extraordinary!

新しい映画館に行ったんだけど、マジですごかったよ!(並外れていたよ!)

なんて感じ使えます。

「普段」という意味の「Ordinary」と「普段とは違う」という意味の「Extraordinary」、一緒に覚えておきたい単語です。

「普段」という単語を使わずに表現する方法

英語で話したいのに、「普段」という単語が思い浮かばない!そんなこともありますよね?

そんな時には、「普段」という単語を使わずとも、日常の事を表現する方法もあるんです。

例えば、

What should I wear for party?

パーティーに何着てったらいいかな?

Just be yourself.

普段通りでいいんじゃない。

というフレーズ。

「Be yourself.」で、「自分らしく」という意味なので、「普段通り、自分らしくいればいいよ。」という意味になっているフレーズです。

また、「普段何してるの?」なんて聞きたいときは、

What do you do in your free time?

暇なとき何しているの?

なんて感じで聞くこともできます。

もちろん、「Usually」を入れて、

What do you usually do in your free time?

普段暇なとき何してるの?

と聞くこともできますが、「普段」という単語が入らずとも、意味が通じる文章になります。

他にも、「普段どこにコーヒー飲みに行くの?」なんて言いたい時には、

Where do you go for coffee?

コーヒーどこに飲みに行くの?

とシンプルに聞くことで、その人の普段通っているコーヒーショップを聞き出すこともできますよ。(笑)

まとめ

今回は、「普段」という英語のフレーズをご紹介しました。

私が留学していた時に、普段使いの英語を教えてくれる、日常英語コースと言うのがありました。

そのコース名はなんと、「Survival English Course」。

「生き残るための英語のコース」と言う事で、日常生活で困らないようにするための英語を教えていました。(笑)

英語の表現には、「えっ?」と思ってしまうような、日本語とはちょっと違ったものがあります。

ですが、そんな違いも楽しみながら英語力を上げていっちゃいましょう!

個人のスキルを高めたい方へ

僕は大学生の頃に
このサイトを立ち上げました。

ネットで発信すること。
それが僕の仕事です。
現在は誰からも雇われずに生活しています。

正直怪しいと思います。
けどこれまでに何十人もの留学経験者や
英語を勉強している方の相談を受け、
僕の経験をお話することで
めちゃくちゃ刺激になったという方がいます。

すべての方に当てはまるかは不明ですが、
僕がどのようにして
現在の個人で生きる道にいたったのか?

下記の記事では
僕、運営者レオの物語を書いています。

意外とゆるい感じで書いてるので、
興味のある方は読み物の感覚で
さらっと読んでみてください。けっこう楽しめるかと思います。

→【独学英語LIFEの裏話】22歳の頃に起業したレオの物語