3倍速学習法

「噂する」を英語でいうと?ニュアンスの違う4つの言い方

芸能人の話から、クラスメイトの話まで、噂することって色々ありますよね。

あんまりよい事ではないと思いつつも、噂話は気になってしまうものです。

今回はそんな「噂をする」と英語で言う方法についてお話していきます!

他の人のうわさ話をする時は「Gossip」

「Gossip」という単語は、日本語でも「ゴシップ」として使われたりしますよね。

この「Gossip」には、他人の噂話や噂になっているニュースなんて感じのニュアンスがあります。

日本では芸能人の熱愛や裏事情なんかがゴシップとしてよく話題になりますが、英語では友達同士の噂話でも「Gossip」という言葉を使います。

例えば、

Why they are always having tea together?

なんであの人たちはいつもみんなでお茶してるのかしらね。

Don’t you know that they love gossiping about neighbors?

彼女たちがご近所の噂話が好きだって知らないの?

Oh really? That’s not a nice hobby.

そうなの?それはいい趣味じゃないわね。

なんて感じで使ったり、芸能人の噂について話すなら、

Have you heard the gossip about Justin Bieber?

ジャスティンビーバーの噂聞いた?

No I haven’t. I am not interested in those gossips.

いいや。私はそうゆうゴシップには興味ないから。

なんて感じになります。

ちょっとした噂話なら、「Gossip」を使って表現してみましょう。

「Rumor」で「噂する」と言ってみよう

「Rumor」という単語も「噂をする」といった意味のある言葉です。

「Gossip」が信憑性のある噂や、事実に基づいた噂であるのに対して、「Rumor」は人づてに聞いた話とか、都市伝説的な噂話について話す時に使われる単語です。

例えば、

Do you know the rumor about the old house?

あの古い家の噂知ってる?

I don’t know. What is it?

知らな~い。なになに?

The rumor says that if you go to the house alone, you’ll see a ghost!

噂によると、あの家に一人で行くと、幽霊を見るらしいよ。

Really? I will stay away from the house.

なにそれ!もうあの家には近づかないようにしようっと。

とか、

Do you know there is a rumor that the GST will be 20% next year?

来年から消費税が20%になるって知ってる?

No way! Where did you heard from?

うそでしょ?どこで聞いたの?

My friend told me.

友達が言ってたんだ。

Oh don’t believe in those. It’s just a rumor.

そういうのは信じないほうがいいよ。ただの噂だよ。

といった感じです。

また日本語には「根も葉もない噂」なんて言葉がありますよね。

このフレーズを英語で表現するには「Rumor」を使って、

・That’s a groundless rumor.

・That’s a baseless rumor.

なんて感じで表現されます。

どちらも「土台のない噂」という事で、「根拠がない噂」=「根も葉もない噂」といった意味になっています。

信憑性のない噂を聞いたときは、こんなフレーズで答えられると良いですね。

誰かの悪い噂をする時は「Backbiting」

誰かの悪い噂を広めたり、陰口を言ったりするときには、「Backbiting」という単語が使われます。

日本語に直訳すると「後ろを噛む」といった意味になり、当事者がいないところで悪口を言うといったニュアンスがある言葉です。

使い方は、

They are always talking about others.

あの人たちいつも他の人の事ばっかり話してるよね。

I know. I hate those backbiting.

だね。私ああゆう陰口って本当に嫌いなんだよね。

Shall we tell them to stop backbiting?

彼女たちに陰口を辞める様に言ってみる?

なんて感じになります。

陰口はやはりどこの国でも好かれないものです。噂話もほどほどにが大事ですね。

「~らしいよ」というには「I heard~」

ホットな噂話を聞いた時には誰かに話したくなっちゃいますよね。

そんな時には、「I heard~」といったフレーズが使えます。

例えば、

I heard Mike and Mary are dating!

マイクとメアリーって付き合ってるらしいよ!

Really? Is that true?

マジで?本当?

とか、

I heard we will have new English teacher from next semester.

来学期から新しい英語の先生が来るらしいよ。

How do you know that?

なんでそんなこと知ってるの?

I went to the teacher’s room and I heard that.

職員室に行った時に聞いちゃったんだ。

といった感じです。

日常会話の中でもよく使われる表現なので覚えておくといろんな場面で使えますよ。

まとめ

  1. 他の人のうわさ話をする時は「Gossip」
  2. 「Rumor」で「噂する」と言ってみよう
  3. 誰かの悪い噂をする時は「Backbiting」
  4. 「~らしいよ」というには「I heard~」

今回は、「噂をする」と言いたい時に使える英語の表現をご紹介してきました。

英語では使う単語によってどんな噂について話しているのかが変わってきます。

話の内容によって使う単語やフレーズも使い分けられるようになれると、ネイティブらしい英語に近づけますよ!

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<