「Hard」の5つの意味を覚えよう!イメージでわかる正しい使い方

Hardと聞いたらあなたはどんな例文が思い浮かびますか?

This rock is hard(この石は硬い)や I studied so hard(私は一生懸命勉強した)などでしょうか?

Hardという単語は意味が多く、ごちゃごちゃになってしまっている人も多いかも知れません。一度曖昧に覚えてしまうといざという時使いこなすことが出来なくなってしまいますよね。

そこで今回はHardの意味も使い方を例文をたくさん使って確認していきたいと思います。

類似語との比較もご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください!

Hardの基本イメージ

この単語の基本イメージは「物理的に硬い」です。

これから紹介する「難しい」「厳しい」などという意味も持っていますが、これらはあくまでも基本イメージが発展した形での派生意味になります。

物理的に硬いという事は力を加えても容易には形が変わったり動いたりしないということですよね。

そこから「難しい、厳しい」などの精神的な様子を表す意味が生まれたと言われています。

Hardの意味

Hardには意味が多くあります。1つずつ確認していきましょう。

①かたい

敢えて平仮名で表示しましたが「硬い」「固い」「堅い」すべてこのHardになります。

この単語の持つコアのイメージと一致した意味になりますね。

I don’t that like this sofa, it’s hard.
(このソファあんまり好きじゃない、硬いんだもん)

②熱心な

どんなことにも屈せずに、一途に、というイメージです。

He got perfect score on the English test. He’s a hard worker.
(彼は英語のテストで満点を取った。彼は勉強家なんだ)

③厳しい

基本イメージから派生した精神面での「かたい」のイメージです。

I can’t give the words back to her, she’s so hard.
(彼女に言い返せるわけないでしょ、厳しい人だし)

ちなみに「厳しいってstrictじゃないの?」と思う人もいるかも知れません。そんなあなたのためにStrictとhardの違いを説明しますね。

Strictはルールや規定に厳格にしたがっている感じ。融通が利かない「頑固」なイメージです。臨機応変さに欠け「でもルールだから!」と厳しく言い放つ感じですね。Strictは父親や教師の厳しさを表現するときによく使われます。

一方Hardはどちらかと言うとその場限りの軽い厳しさを表現しています。「お手柔らかに!」と言いたいときはDon’t take it strict on meでなくDon’t take it hard on meと言いますね。「(その場で)私に本気を出さないでください!」というニュアンスになります。

④お酒が強い

お酒が強いを表す単語にはpotentという単語もありますが、シンプルにHardを使ってもOKです。

This is hard drink, are you ok?
(このお酒強いけど大丈夫?)

⑤難しい

「厳しい」と似ていますが「難しい」という意味もあります。

This is a hard problem, I don’t think I can figure it out.
(これは難しい問題だから解決できないと思う)

ToughとHardの違い

どちらも「かたい」を表す言葉ですが違いはなんなのでしょうか?

Toughは「かたい→壊れにくい」という意味です。「丈夫」と言い換えることもできます。You’re tough(君、丈夫だね)などと言ったりします。日本語と同じニュアンスで使うことが出来ますね。

Hardは先ほど触れたように精神的な硬さにも言及することが出来ます。丈夫というよりはそのもの自体が硬い、ということに重点が置かれています。

Hardを使ったフレーズ

ここではHardを使った言い回しをいくつか紹介します。

He’s a hard nut to crack.
(彼は問題児だ)

※砕くのが難しいナッツ→扱いが難しい人

Bad habits die hard.
(悪い癖は簡単にはなくならない)

※die hard→簡単には変わらないもの、死んでもなくならないもの

I’m hard up
(金欠だ)

※困窮している、という深刻なニュアンス

まとめ

今回はHardの持つ意味とその使い方などを見ていきました。

単語をある程度覚えてきたら、今度はstrictとhardのように違いを理解していくと英語力が上がってきますよ!

Don’t take it hard on me!(お手柔らかに!)など便利なイディオムもたくさんありますので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ漫画ストーリー

『独学英語LIFE』運営者の
REOの人生を漫画にしてみました。

一度きりの人生、
やりたいことは沢山あったけど
時間がない。自由がない。

しかしあるきっかけで
そんな人生が少しずつ変わっていった物語です。

>>詳細はこちらをクリック<<

 

おすすめブログ記事

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~

僕は大学卒業と同時に、
就職せず、個人として生きていく道を選びました。

現在は世界中の国々を旅しながら
自由に人生を生きることができています。

せっかく英語を勉強しているのだから、
もっと自由に、もっとたくさん海外に行って
後悔のない人生を送れるようしたい。
そう思っての決断です。

おそらく収入の面でいっても、
同世代の会社員よりも
はるかに余裕のある生活だと思います。

とはいっても、もともとは
自分が今の道に進むなんて夢にも思いませんでした。

それでも試行錯誤しながら、
どうにか雇われずに生きていけるようになり、
当ブログ独学英語LIFEを運営するに至りました。

ここに至るまでの裏側を下記の記事で公開しています。

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~