「人見知り」を英語で言うと?shyだけじゃない、それ以外の4つの表現

初めて会う人の前では、緊張してしまっていつもより大人しくなってしまう、うまく話もできないし、顔もまっすぐ見て話せない…。

そんな人を、「人見知り」と言いますね。英語では何て言うでしょう?

「恥ずかしがり屋」は「shy」ですから、これをそのまま使ってもいいのですが、「shy」の前後に少し言葉を付け足してみましょう。

すると、より日本語の「人見知り」のニュアンスに近づくことができます。

英語で日本語に近いニュアンスの言葉を探すとき、ついつい単語のみで考えてしまいがちです。

そんなときに思い出して欲しいのですが、知っている簡単な単語の前後に少し他の言葉を付け足すだけで、言いたい言葉に簡単に近づくことができるのです。

しかも前後に言葉をつけていくわけですから、それだけでセンテンスとなって、より自然な会話になっていくわけですね。

新しく難しい単語を頭に入れていくより簡単です。

それではそんな感じで「人見知り」を見ていきましょう。

人見知りって、どんな「shy」?

「人見知り」は、初めて会う人の前で大人しくなってしまう人、事でしたね。

ではとりあえず「shy」に言葉をつけていってみましょう。

・She is shy with strangers.
・She is shy around strangers.

どちらも、「彼女は人見知りをする」の意味になります。strangerは他人ですね。

直訳すると、with strangers(他人と)、 around strangers(他人の周りで)で、どちらも「他人の前では」という事ができます。

つまり「他人の前では恥ずかしがり屋」となり、「人見知り」となるわけですね。

「She is shy with strangers. 」というこのセリフ、私の子供が月齢6か月になる頃によく言っていたのを思い出します。

私はアメリカ在住ですが、こちらの人はとにかく子連れに声をかけてくれるんですよね。

ちょっとお出かけするだけで、何人もの人に「She is so  adorable! (可愛い赤ちゃんね!)」や「Take care Mama!(ママ頑張ってね!)」などなど声をかけてもらっていました。

これって、子育て中の母親にはとても励みになるものです。

私も何度この言葉たちに癒されたかしれません。

でも赤ちゃんは月齢6か月前後に人見知りが始まります。

声をかけてもらっても、子供がママー!と泣いて私にしがみついてしまうので、なんだか悪い気がして、その度に「She is shy with strangers. 」と言ってました。

話が逸れましたが、その他にも

・shy with new people

で、直訳すると「新しい人々といると恥ずかしがり屋」、つまり「人見知り」となったり、

・shy at first

で「最初は恥ずかしがり屋」、つまり「人見知り」となります。

「Shy」の他にもあるの?

では「Shy」の他にも人見知りを言い表す単語やフレーズはあるのでしょうか?

ここでその幾つかを紹介したいと思います。

・Timid

この「Timid」は、臆病とか内気とかいう意味です。

これはshyに非常に似たニュアンスになります。例えば

・She is so shy.

・She is so timid.

と同じ例文の中で置き換えてみます。

「She is so shy」は「彼女は恥ずかしがりだ」とするなら、「She is so timid.」は「彼女は内気だ」となり、多少ニュアンスが違ってきますが、似た感じで使えるでしょう。

 

また「cautious」は「用心深い」や「注意深い」という意味ですが、これも使えますね。

・He is so cautious! (あいつは警戒心が強い!)

といった感じで、「慎重なやつ」みたいなニュアンスで人見知りを表すことができます。

 

変わったところでは、「Anto-social」もいけるかもしれません。

「social」は「社交的」で、「anti」は日本語でもおなじみ、「アンチ」ですね。「非〜」です。

つまり「非社交的」となり、付き合いが悪いとか、人を避けがちな人のことを指します。

・She is super anti-social. (彼女はすっごく付き合い悪いんだ)
・Don’t be anti-social. Let’s go out for drinks!(引きこもらないでさ、飲みに行こうよ!)

などとなります。

「人見知り」とはちょっと違うかもしれませんが、「shy」の一種ということで…。

 

それから「hesitant」は「ためらいがちな」とか「躊躇した」とかいう意味ですが、

・I am hesitant. (私は内気なの。)

といった感じで使えます。

まとめ

「恥ずかしがり屋」の意味の「shy」に言葉を付け足して、「人見知り」を言い表すことができるということと、「shy」の他の言い表し方を紹介しました。

  • shy with strangers.
  • shy with new people
  • shy at first

で「人見知り」。

  • Timid
  • Cautious
  • Anti-social
  • Hesitant

が「shy」の他の言い表し方でした。

これらを覚えて使うもよしですし、まずは簡単な単語「shy」に言葉を付け足して表現するのもいいですよね。

慣れてきたら、いろいろな言い方で使いまわしていきましょう。

おすすめ漫画ストーリー

『独学英語LIFE』運営者の
REOの人生を漫画にしてみました。

一度きりの人生、
やりたいことは沢山あったけど
時間がない。自由がない。

しかしあるきっかけで
そんな人生が少しずつ変わっていった物語です。

>>詳細はこちらをクリック<<

 

おすすめブログ記事

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~

僕は大学卒業と同時に、
就職せず、個人として生きていく道を選びました。

現在は世界中の国々を旅しながら
自由に人生を生きることができています。

せっかく英語を勉強しているのだから、
もっと自由に、もっとたくさん海外に行って
後悔のない人生を送れるようしたい。
そう思っての決断です。

おそらく収入の面でいっても、
同世代の会社員よりも
はるかに余裕のある生活だと思います。

とはいっても、もともとは
自分が今の道に進むなんて夢にも思いませんでした。

それでも試行錯誤しながら、
どうにか雇われずに生きていけるようになり、
当ブログ独学英語LIFEを運営するに至りました。

ここに至るまでの裏側を下記の記事で公開しています。

当ブログ・独学英語LIFE誕生の裏側~REOが就職の道を捨てた話~