”見る”の英語の違いをマスターしよう!watch,look,see正しいのはどれ?

こんにちは!ヤマシです。

今自分はサッカー日本代表対イラク戦(2017年6月13日)の試合を観戦しています。引き分けにはなりましたが、大迫選手!圧巻のバックヘディングシュートでしたね。

自分はまだ生で日本代表サッカーの試合を見たことがないので是非生きている間に見たいなーと思っています。

さて「今私はサッカーの試合を見ていました」、「サッカーの試合を見たことがない」をもし英語に直すとどうなるでしょうか?

「Watch? See? Look ?」全部同じ意味だよなーじゃあどれでもいいんじゃないの?と思った方、実は英語にも使い方があります。

日本語でいう読み方は一緒だけど漢字の文字が違うから意味が違う、この感覚です。

この場合の“見る”の答えですがどちらも“watch”が一番ベストなわけですが、この3つをどのように使うのかを私なりに ご説明します。

見るの英語①「Watch」

辞書の意味

じっと見る、見続ける、注意してみる、観察する

さてWatchを使う場面というのは対象が動いている物を見ている、もしくは観察しているというニュアンスになります。注意深く比較的長い時間見ているといった感覚でしょうか。

いくつか例文をお見せしますね。

◆例

昨日友達の家で野球の試合を見ていた。

⇒I watched a baseball game at my friend’s house.

実験の間生徒たちはじっと見守っていた。

⇒The students watched while the experiment was performed.

足元に気を付けてね

⇒Watch your step!

といくつか例文を投げさせて頂きましたが、いかがでしょうか?

いやなんかこれならSeeでもいけるんではないの?と思う方もいらっしゃるかなぁと私は思います。

ではホラー映画を見たという時、これはあなたは何を見ている事になりますか?TV?

いえっ、これはTVの中に移っているシーンを見ているわけです。

もしTVを見ているになるとこれはlook( at )も使えますが、あくまでも私達がみているのは動いているシーンな分けなのでこれはWatchが一番変な感覚にならない意味合いになるわけです。

見るの英語②「Look(at)」

では次にLookについてお話していきまshow!これくらいテンション上げてかないとこの“見る“の違いというのは複雑で疲れるので私も上げていきます。

辞書の意味

見る、見える、(自分から)見ようとする

Lookを使うときは主に自分から見るもの、そして静止している物を見る時に使います。

ただそこまで“止まっている”を意識しなくても大丈夫です。ようするに自発的に何かを見ているときになります。

◆例

Look at that man!!

⇒あの男の人を見なさい!

ただ服を見ているだけです。

⇒I’m just looking at clothes.

上の例文はただあの男を見なさいということでlook atを使っていますが、これがもしテニスをしているあの男を見なさい(that man playing tennis)になると、この場合はwatchも可能です。

何故ならその男の人は動いていて、そしてもしかしたら少し時間をかけてみる場合もあるからです。

あー複雑ですね(冷汗)

私も説明している途中で、ん?って時々なります。

ようするにLookはただ何かを見てそれ以外何もしていない事と考えるのがベストでしょう。

見るの英語③「See」

さて次はSeeについてのお話をします。

この単語が一番分かりずらいというかどこで使うのって考えになる方おおいのではないでしょうか?ちゃんとついていけてますか??

まずは上記と同じように意味を乗せたうえで説明していきます。

辞書の意味

見る、目に入る、送る、会う、理解する

他の2つに比べて少し違ってきましたね。理解するという意味もこのSeeには含まれています。

このSeeは同じ見るでも自然と見えるというイメージになります。

Lookは故意にみなければ見えないものですがこちらは逆です。少し例をだしますね。

◆例

彼女は鏡の自分を見た

⇒She saw herself in a mirror(look atでも可)

学校に着いたら今日から来る新入生を見た

⇒ I saw the new student who starts my school life from today when I got a school

二つともたまたま、もしくは意図として見ずに見たものですね。これがSeeになります。

またもう一つ!+αさせていただくと映画もseeになります。

もうなんでだよーとなりますよね。正直自分も混乱するのでwatchと言ってしまいます。

これは映画のスクリーンが大きいので自然とみてしまうからという理由らしいです。

もうこれは公式として覚えちゃいましょう。

“映画(movie)、劇(play)はSEE”です。

まとめ

“見る”の違いショーの説明?混乱してしまったでしょうか。

こればっかりはもう練習あるのみでしかありませんね。自分のおすすめはとにかく英文を書く、もしくは読む時に都度確認して体で覚えてしまう事を進めます。

今回の記事をまとめると

  • look (at)⇒意図的に動いていない物を見る
  • see⇒たまたま、意図的にみていないものを見る
  • watch⇒動いているものを比較的に長く見る

ですね。

さて私はこれからエマ・ワトソン主演の美女と野獣の映画でも見ようかな。。。

I’m likely to seeing movie of beauty and a beast.

ではまた!

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。