人気記事

サイト運営者の元北大生レオの物語です。

・なぜサイト運営をしているのか?
・なぜ就職していないのか?
・どのように個人の力で生きているのか?

留学中の方に大好評の記事です。
あとでぜひ読んでみてください。

→独学英語LIFEの裏話。不安だらけの元北大生の起業物語

「熱っぽい」を英語でいうと?具合が悪い時に使える様々なフレーズ

海外で具合が悪くなったら、「どの薬を買ったらいいか分からない!」「病院で症状を英語で伝えるなんて、できるかな?」と焦ってしまいますよね。

ですが、いくつかのベーシックな言葉やフレーズを知っていれば、海外で突然具合が悪くなっても大丈夫!

今回は、英語で「熱っぽい」と言うためのフレーズをご紹介していきます。

「熱っぽい」と言いたいときに使えるいろんなフレーズ

「熱がある」とシンプルに言う場合は、「熱」という意味の「Fever」という単語を使って、

I have a fever.

熱があります。

と言う事ができます。「熱があるかな?」と確信がない時には、

I think I have a fever.

熱があるみたいです。

と言うのも良いですね。

「I think~」を使う事で、「~だと思う」と伝えることができ、熱があるか分からないけど、熱っぽいなという事を伝えられますよ。

また、もうちょっとネイティブっぽく言いたいときには、

I feel feverish.

熱っぽいなぁ。

なんて表現もおススメ。

「Fever」に「ish」を付けることで、「~っぽい」という曖昧な表現をすることができ、「Feverish」(フィーヴァーイッシュ)で、「熱っぽい」といった意味にすることができますよ。

この「ish」という言葉は結構便利で、

What is the color of your house?

あなたの家の色ってどんな色?

It’s reddish orange.

赤っぽいオレンジかな。

とか、時間に使う場合は、

I will be there 3ish.

と言えば、

3時くらいに行くよ。

といった感じで、どんな言葉にも「ish」を付けることで、あいまいな表現ができるので、使ってみましょう。

もうひとつ覚えておきたい表現は、「ちょっと熱っぽいかな。」「微熱っぽいかな。」と思った時に使えるフレーズ。

I have a slight fever.

と言う事で、「微熱っぽいです。」と言う事ができます。

「Slight」(スライト)という単語には、「ちょっとした」とか、「少量の」といった意味があるので、「Slight fever」で、「微熱」という意味になります。

「熱っぽいかな」と感じたら、使ってみたいフレーズです。

「具合が悪い」と言うには?

「熱っぽい」だけではなく、「なんとなく具合が悪い」そんな時には、

I’m not feeling well.

具合が悪いです。

と言ってみましょう。

私も、海外でアルバイトをしている時に、突然具合が悪くなった時などによく使っていました。

どんな症状なのか、具体的な症状を英語で何と言ったらよいか分からない時なども、使えるフレーズです。

「具合が悪いのなら、「Sick」(シック)じゃないの?」と思うかもしれませんが、

I am sick.

と言うと、かなり症状が重たい「病気」という意味になるので、ちょっと具合が悪い程度の時には使えません。

また、

 I feel sick.

と言うと、「吐き気がする。」「吐きそう。」といった意味になります。使い方次第で、

意味が変わってしまうので、気を付けましょう。

お医者さんによく聞かれることを知っておこう

具合が悪くて病院に行ったのに、先生が言っていることが分からない!そんなことも留学中にはよくあります。

私も、留学中に、「通訳さんなしで、自分の力で病院に行ってみよう!」と自分の症状も英語で言えるように準備して、意気込んで病院に行ったのですが、先生が言っていることが分からなくて、何度も聞き返してしまい、時間を取らせてしまったことがあります。(涙)

ですので、病院に行く前に、どんなことを聞かれるのかも想定していくのも大切です!

病院でまず聞かれるのが、

What is your symptom?

具合はいかがですか?/どのような症状ですか?

という質問。

「Symptom」(シンプトム)が「症状」という意味なので、覚えておきましょう。

また、お医者さんから、

How can I help you today?

今日はどうなさいましたか?

なんて聞かれることもあります。

「How can I help you? 」というフレーズはお店なんかでも、「いらっしゃいませ。何かお探しですか?」なんて意味で使われますが、病院でお医者さんが使う場合は、「今日はどうなさいましたか。」といった意味で使われます。

次によく聞かれるのが、「どのくらいその症状が続いていますか?」という質問。

英語では、

How long have you been having this symptom?

といった感じで聞かれます。期間を聞かれたら、

It’s been about 1 week.

1週間ほど続いています。

とか、

From this morning.

今朝からです。

なんて感じで答えましょう。

また、

Are you taking any medication?

何か薬を飲んでいますか?

と聞かれることもあります。

痛み止めは、「Pain Killer」、咳止めは「Cough medicine」など、どんな薬を飲んでいるのかも伝えられると良いですね。

また、日本と海外では薬が違うので、日本から持ってきている薬を飲んでいる場合は、

I’m taking Japanese medication.

日本の薬を飲んでいます。

という事も伝えましょう。

まとめ

  1. 「熱っぽい」と言いたいときに使えるいろんなフレーズ
  2. 「具合が悪い」と言うには?
  3. お医者さんによく聞かれることを知っておこう

今回は、英語で「熱っぽい」という時に使えるフレーズや、具合が悪い時に使えるフレーズをご紹介してきました。

海外で具合が悪くなると、焦ってしまうかもしれませんが、いくつかのフレーズを覚えておいて、病院などでも、自分の症状を伝えられるようにしておくと良いですね♪

個人のスキルを高めたい方へ

僕は大学生の頃に
このサイトを立ち上げました。

ネットで発信すること。
それが僕の仕事です。
現在は誰からも雇われずに生活しています。

正直怪しいと思います。
けどこれまでに何十人もの留学経験者や
英語を勉強している方の相談を受け、
僕の経験をお話することで
めちゃくちゃ刺激になったという方がいます。

すべての方に当てはまるかは不明ですが、
僕がどのようにして
現在の個人で生きる道にいたったのか?

下記の記事では
僕、運営者レオの物語を書いています。

意外とゆるい感じで書いてるので、
興味のある方は読み物の感覚で
さらっと読んでみてください。けっこう楽しめるかと思います。

→【独学英語LIFEの裏話】22歳の頃に起業したレオの物語