3倍速学習法

「失礼」を表す英語表現4つ!使える表現もたっぷり紹介します!

「失礼」は英語どのように英語で言えばいいのでしょうか。

ここでは、実際によく使われる4つの表現をご紹介します。

わかりやすく例文も交えながら解説していきますので、ぜひこの機会に「失礼」を英語で使いこなせるようにしていきましょう!

それでは始めていきます。

①rude

「rude」は「失礼な、未完成な」という意味の単語です。

例えば誰かが失礼なことを言っていた時「それ失礼だよ」と言いたい時は

That’s rude.

と言えばOK。

さらに「そんなことを言うなんて失礼だよ」と言いたければ

It’s rude of you to say so.

と言うことができます。

ポイントは「It’s rude」の後に「of you」がくるところですね。これは、色々と使える表現ですので、丸暗記しておくと便利です。

It’s rude of you to do that.

(そんなことをするなんて失礼だ)

It’s rude of you to ask such a question to him.

(彼にそんな質問をするなんて失礼だ)

また、「rude」には「わざと相手を怒らせる」というニュアンスがありますので、

She’s such rude. She doesn’t understand the situation at all.

(彼女って本当に失礼だよね。空気読めてないよ)

などの表現にぴったりですね。

さらに「rude」には

He’s been using a rude wooden chair for 10 years.

(彼は粗末な木の椅子を10年間使い続けている)

という使い方や

  • Rude face(エロい顔)
  • Rude story(エロい話)
  • Rude joke(エロい冗談)

という使い方もあります。

また「rude boy」とはヒップホップの格好をした怖い感じの男子のこと。

ちなみにイギリス英語では男子の不良のことを「chav」女子の不良のことを「chavette」と呼んだりします。

②Impolite

「impolite」も同じく「失礼な」という意味の単語ですが、「rude」と違うのは「impolite」には相手をわざと怒らせようとする意図はないということです。特に

It was impolite of you to say like that.

(あんなことを言ってしまい失礼しました)

と自分がやったことに対して使う場合は「失礼なことをするつもりではなかった」という後悔の語感が含まれています。

また「impolite」は「rude」よりもやや程度が軽い単語で、「rude」が「失礼」ならば、「impolite」は「礼儀正しくない」という程度で使われることもあります。

③bad manners

これは文字どおり「マナーがなっていない=失礼」という表現です。

I know this is bad manners, but I have to say this.

(失礼であると分かっているのですが、言わせてください)

That’s bad manners to sleep when the others are talking.

(他の人が話している時に寝るのは失礼だ)

④act rudely

「失礼な」は「act rudely」を使っても表現することができます。「失礼に振る舞う」という意味です。

ちなみに「子供っぽく振る舞う」は「act childishly」と言います。

Don’t act rudely to teachers, ok?

(くれぐれも先生に失礼のないように)

「act」は後ろに副詞や形容詞を伴って「〜のように振る舞う」という色々な表現を作ることができます。

「act rudely」の反対は「act politely」ですし、「act stupid」は「バカっぽく振る舞う」という意味になりますね。

礼儀正しい英語を話すには?

最後にビジネスなどで使える英語の丁寧な表現をご紹介します。

Could you〜?

人に頼む時は「can you〜?」と言うよりも「could you〜?」を使った方が丁寧です。

Could you translate here?

(ここを訳していただけますか?)

また「could I get you to〜?」という表現も丁寧で◎。

Could I get you to Clean these up?

(これ片付けていただいても良いですか?)

Would you〜?

「could you〜?」と同じように「would you〜?」も相手に頼み事をする時に使えます。

違いとしては、「could you〜?」はできるかどうかの能力を、「would you〜?」は相手の意思を聞いています。

Would you mind sending this email to me?

(このメールを私に送っていただいても良いですか?)

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<