3倍速学習法

「雰囲気」は英語で何という?atmosphereだけじゃない使える表現

みなさんこんにちは!

「彼女の雰囲気が好きなんだ」と言いたい時、英語でなんと言いますか?

実は「I like her atmosphere」と言うのは間違いなんです。

今回は「雰囲気」=「atmosphere?」という疑問にお答えしつつ、「雰囲気」を表す表現についていくつかご紹介していきたいと思います。

「雰囲気」=「atmosphere?」

「雰囲気」=「atmosphere」というふうに学習した人も多いと思います。

これは完全に間違いではないのですが、注意しなければいけない点があります。

それは「atmosphereは場所や状況にしか使えない」ということです。

I like this restaurant, because it has a good  atmosphere.

(雰囲気が良いのでこのレストランが好きだ)

His house had a very nice atmosphere.

(彼の家はとてもアットホームな雰囲気だった)

また、「atmosphere」は「大気、気圧」という意味でも使われます。

「気圧」という意味の時は「atmosphere」は可算名詞なので「s」をつけることができますが、それ以外は単数形で使います。

When we talked about the problem, the atmosphere was very awkward.

(私たちがその問題について話し合った時、とても気まずい雰囲気だった)

こんなふうに状況に関して使うこともできますね。

英英辞書を見ても「atmosphere」という単語は

The character, feeling, or mood of a place or situation

(場所や状況などの特徴や感情、雰囲気など)

(Cambridge dictionaryより引用)

と書かれています。

「atmosphere」2人以上の人間が作り出す場所や状況の雰囲気のことなので、「I like her atmosphere」と言うことはできないのですね。

雰囲気を表す言葉「vibe」

「vibe」はもともと「vibration」からきている言葉です。

「vibration」は「ブルブル」と震える振動のことですね。

なぜ「vibe」が「雰囲気」という意味で使われるようになったかと言うと、雰囲気が「精神的電波で届くから」なのです。

この単語は「この人の雰囲気が好き」というふうに人に対して使うことができますし、もちろん建物や音楽に対しても使うことができます。

また「vibe」は「オーラ」「(良い・悪い)雰囲気がある」という意味でも使うことができますよ。

She’s very easy to talk. I like her vibe.

(話しやすい彼女の雰囲気が好きです)

This cafe has such a good vibe, right?

(このカフェなんか雰囲気良いよね?)

I like his songs. His songs have some chilling vibes.

(落ち着いた雰囲気の彼の曲が好きです)

He has got a good vibes to it.

(彼はなんだかオーラがある)

雰囲気を表す言葉「ambience」

「ambience」は「環境、雰囲気」を表す単語です。

もともとフランス語であるこの言葉は、どこかオシャレで詩的な雰囲気も感じられるかもしれません。

ちなみにフランス語では「ambiance」と綴り、同じ「雰囲気」という意味で使われます。

I want to go q restaurant with a romantic ambience tonight.

(今夜はオシャレな雰囲気なレストランに行きたい)

There’s a good ambience house over there.

(あそこに良い感じの雰囲気のある家がある)

おまけ 曖昧な感情を表す英語表現

最後に「雰囲気」にちなんで曖昧な感情を表す英語表現についてご紹介します。

・I kind of like it.(なんか好きかも)

「kind of」は「Do you like ice cream?」などと聞かれた時に「kind of(普通かな)」という返答にも使えます。

・Just because(なんとなく)

これは便利なフレーズ。

Why did you pick that T-shirt?

(なんであのTシャツ選んだの?)

Because…umm…just because.

(なんでって・・・なんとなくだよ)

 

というわけで、今回は「雰囲気」を表す英語表現についてご紹介しました。

ポイントは人に対して使う時と、建物や状況に対して使う時で言葉が違うことですね。ぜひ使ってみてください!

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<