3倍速学習法

「bit」の意味と使い方は?例文を使ってわかりやすく解説します

みなさんこんにちは!

「bit」という単語、聞いたことがありますか?

「bit」は「少し」という意味で覚えている人が多いと思いますが、実はイディオムなども多くいろいろと使える単語なのです。

そこで今回は、この奥深い「bit」という単語について掘り下げて考えてみたいと思います。

この機会に「bit」の意味と使い方を完全にマスターしてしまいましょう!

「bit」のコアの意味

まずは「bit」のコアの意味を押さえておきましょう。

「bit」はもともと「bite(噛む)」からできた言葉です。そこから派生して「ひとかじり、少量、わずかなもの」という意味を持つようになりました。

名詞ですが可算名詞ですので「s」をつけることができます。

「bit」の意味

「bit」には「わずかな、少し、少量の」という意味があります。

また、時間や期間などを指して副詞的に「しばらくの間、わずかな間」、「少しも〜でない」という意味になることもあります。

さらには、映画やドラマ、劇などの「シーン」という意味や、イギリスでは「小銭」という意味もあります。

※ちなみに映画やドラマ、劇などの「セリフ」は英語で「line」と言います。

「bit」の使い方

では、さっそく「bit」の使い方をみていきましょう。

I’m a bit tired, let me take a rest for a while.

(ちょっと疲れたから、少し休ませて)

I’d like to take the day off today.I have a bit of fever.

(本日仕事を休ませていただけないでしょうか。少し熱があるので)

Can I talk to you for a bit?

(少し話せる?)

Wait a bit.(=wait a little)

(ちょっと待って)

It’s not a bit exciting. I wanna go.

(全然おもしろくないよ、帰りたい)

I like the bit where the superman hit the enemies.

(スーパーマンが敵を倒したシーンが好きです)

気をつけておきたいのは「bit」の「少し」というのは「少ししかない」と捉えることもできますし、「少しだけある」と捉えることもできるということです。

I speak French a bit.

は「少ししかフランス語が話せない」という意味にもなり得るし、「少しだけフランス語が話せる」という意味にもなり得るということです。

「a bit」と「a few」の違い

「a bit」というのは飲み物やチーズ、自信や才能など不可算名詞につき「少しの」という意味を表します。

There’s a bit of cheese in the fridge.

(冷蔵庫に少しだけチーズがある)

I think you need a bit of confidence.

(君には少し自信が必要だと思うよ)

「a few」というのはリンゴや物事など可算名詞に対して使うことができ「少しの」という意味を表します。

There are a few apples on the table.

(リンゴが少しテーブルの上にある)

There are a few things I have to confirm today.

(今日確認しなければいけないことが少しある)

「a bit」と「a little」の違い

「a bit」と「a little」はほとんど同じ意味ですが以下のような違いがあります。

  1. 「a bit」と「a little」では「a bit」の方が口語的
  2. 「a bit」と「a little」では「a bit」はイギリス英語、「a little」はアメリカ英語のようなイメージがある
  3. 「a little」は「She’s a little girl」のように「小さな〜」という言い方ができるが、「a bit」にはできない

 

ですので、

He’s a little boy, but he understands English well.

(彼は小さいが英語をよく理解している)

ということはできますが

He’s a bit boy, but he understands English well.

ということはできません。

「bit」を使ったイディオム

最後に「bit」を使ったイディオムをご紹介します。

・Not a bit(全然、全然〜でない)

Do you mind if I use your PC?

(あなたのパソコン使っても良い?)

Not a bit.

(全然気にしない=どうぞ)

・Lil bit(=little bit)

Hold on a lil bit.

(ちょっと待って)

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<