3倍速学習法

罵倒する時に使う英語のスラング。ネイティブが使う言葉を総まとめ

英語で人を罵倒するということはあまりお勧めできませんが、知っていて損はありません。

しかも、残念(?)なことに考えれば考えるほど、人を罵倒する言葉が出てきてしまいます。

ということで、今回のテーマは「人を罵倒する時の英語」です。

気軽に使える英語の罵倒フレーズ

まずは、簡単に使える罵倒フレースから紹介。

この程度であれば、口にしても問題になることはほぼありません。

ただ、見知らぬ人に対して言うことは避けましょう。ケンカになる可能性はあります。

友達であればまったく問題ありません。

You idiot.

これは日常生活でも、海外ドラマや洋画を見ていても良く聞くフレーズだと思います。

「お前、バカじゃねーの」という意味です。

友達が何か、ちょっと失敗したりした場合に軽く使うことができます。

You asshole.

これも良く聞く表現です。

ちょっと気に触ることを言われたり、やられたりした時に決まってこの言葉は出てきます。

直訳をすると「お前、ケツの穴だな」となりますが、「うわ、お前、最悪」とか、「最低!」というような意味で使うことができます。

例えば、こんな感じでしょうかね。

Mike dumped you yesterday right?(昨日、マイクにフラれたんだって?)

Shut up. You asshole.(うるさいわね。あんた、最低!)

assholeと同じようなレベルで使えるのが ”You are dead” だったり、”I’ll kick your ass” です。

直訳すると、

Oh! You are dead = あんた、殺すわよ!
I’ll kick your ass = お尻蹴飛ばすわよ!

となりますが、すべて「あんたって、最低!!」という意味で使うことができます。

英語でケンカをしてみる?ちょっとケンカ腰な罵倒の仕方

私はアメリカで現地の高校に通っていたのですが、授業中に時々ケンカが発生しました。

と言っても、私の通っていた高校はそれなりに優秀な高校だったので、海外ドラマや洋画のシーンのように銃が出てきたり、ナイフが出てきたりというケンカはありませんでした。

ちょっとしたにらみ合いで終わるケンカがほとんどでした。

さて、私が実際に見たケンカの実例です。

 

社会科の授業中に一番前に座っていた生徒が騒ぎはじめました。

先生が「静かにしなさい」と言っても、言うことを聞いてくれません。

そこで、先生が「話をやめないなら出て行きなさい」と伝えると、彼は先生に

Oh! fuck.

と言って席を立ち教室の出口に向かいました。

すると、座っていた優等生が通りすがりに

What’s your problem?

と出て行こうとしていた生徒に言いました。

出て行こうとしていた生徒は、

What is your problem?(isを強調して)

と言いました。

そこからにらみ合いが30秒ほど続き、最後に出て行こうとしていた生徒は

Stupid punk!

と言って教室を出て行きました。

 

まず、Oh! fuckですが、これは「なんだよ。まったく」というような意味あいだったのでしょう。

What’s your problem? は解説するまでもありませんが、直訳すると「なんか問題があるの?」です。

この場合は「なんだ、お前、その態度?」という意味になるでしょう。

そして最後のStupid punkは「バカなチンピラ野郎め」という意味でしょうね。

普段日常的に使う「What’s your problem?」ですが場合によっては、十分に人を罵倒する言葉になります。

本気でケンカをする時の罵倒英語。絶対に使わないで!!

外国人、特にアメリカ人とケンカをしたいのであれば、「fuck」という言葉を使ったら簡単にケンカになります。

fuck=性行為をする、犯す、というような意味ですが、基本的に

fuck you = テメェ、ぶっ殺してやる!!

です。

それと似たような言葉で、

Suck my dick = 俺のチンチン舐めやがれ

という表現があります。

高校時代に私が目撃したケンカでは、一人の少年がケンカ相手に対して中指を立てて、その先を舐めるという身振りをしました。

その瞬間にそれを見た相手の少年が殴りかかる、という光景でした。

彼は身振りで「Suck my dick」と言っていたのです。

英語で、弱虫、腰抜け野郎と罵倒したいとき

弱虫に当てはまる単語は、wimpとかchickenです。

「かかってこいよ。弱虫」と言いたいときは

Come on wimp
Come on chicken

と言います。

古い映画ですが、Back to the Futureの第1作で主人公がケンカをするシーンがあります。

不良少年にchickenと言われて、主人公が「俺のことは誰にもchicken(弱虫)なんて呼ばせねー」というセリフがあったのを覚えています。

ケンカするときに「メス犬(bitch)」が出てくる理由

よくSon of a bitchという表現をケンカするときに使います。

Son of a bitch = メス犬(性悪女)の息子

です。

bitchというのはメス犬という意味で、ところ構わず誰とでも性行為をする、という意味が込められた言葉です。

son of a bitchという言葉には、お前の母ちゃん、誰とでもやってるよな。お前なんて誰が父親なのかわかんないんじゃないの、というような意味が込められています。

女性を罵倒する場合は単純にBitchだけで十分です。女性がbitchと言われたときには、fuck yourselfと返しましょう。

You are bitch = この誰とでもやる性悪女め
Fuck yourself = 自分一人でやっとけ(お前とは絶対にやんないから)

おわりに

あまり英語で人を罵倒するということはお勧めできません。

日本語でならいい、というわけではありませんが、英語で人を罵倒するということは、相手はおそらく外国人。

ということであれば、命の危険にさらされる可能性もあります。

英語にちょっと慣れてくると、街を歩いていて肩がぶつかっただけでも、「sorry」ではなく、ついつい「Hey」と言いたくなります。でも、我慢しましょうね。

矛盾するかもしれませんが、英語で罵倒したいときは、絶対に許してもらえる気の知れた友人だけにしておきましょう。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<