3倍速学習法

「乾かす」を英語でいうと?ネイティブが日常でよく使う4つの表現

「乾かす」という言葉を聞くと思い出すのが、お天気のいい日に干した、洗濯物のいい匂い。

最近日本でも、都心のマンションなんかでは外に洗濯物を干すことが禁止されているそうですが、私が住むここアメリカでも、街の美観が損なわれるという理由で、外に洗濯物を干すことはNG。

私的には、青い空にゆれる洗濯物って、いやされる光景だと思うんですけどね。

そんなわけで、アメリカに来てからは、あのお日様のいい匂いをかぐことができていません。。。

アメリカの日常生活で「乾かす」と言えば、どでかい乾燥機や食洗器で、機械的にがっつりカラッカラにする感じ。

日本の「乾かす」とは、少し風情が違うような。。。

今回は、アメリカの日常生活の中に出てくる「乾かす」についての表現方法を一緒に見ていきたいと思います。

乾かすの英語①:「Dry」

「乾かす」と言えば、まず最初に思いつくのが ”dry” ではないかと思います。

ネイティブスピーカーにも1番よく使われる表現です。

”a dry towel”(乾いたタオル)などのように形容詞としても使えるし、”Please dry my cloths.”(服をかわかしてください)などのように動詞としても使えます。

dryのあとにupやoffなどの前置詞をつけることで、ちょっとしたニュアンスをつけくわえることもできます。

dry upで、 「枯渇する」「干上がる」という感じの意味になります。

例文)

“It’s dried up and shrivelled.” (干からびて縮んでしまった。)

dry offは、 「すっかり乾かす」といった意味で使えます。

例文)

”Make sure to dry it off!!” (完全に乾かしてね!!)

乾かすの英語②:「Air」

airといえば、まずは「空気」という名詞を思いつくのではないかと思いますが、動詞には「風に当てて乾かす」という意味があります。

自然乾燥する時に使われるこの表現は、日本の洗濯物を干して乾かすイメージに1番近いかもしれません。

最近アメリカの若い女の子のあいだでは、あえてドライヤーを使わずに、髪の毛を”air-dry”(自然乾燥)させて、ナチュラルなヘアスタイルに仕上げる方法が流行っていて、インターネットや雑誌で、”The best way to air-dry your hair”なんていう記事をみかけたりします。

乾かすの英語③:「Dehydrate」

以前、高熱を出した娘を病院に連れて行ったところ、ドクターから”Keep her hydrated.”と言われ、意味が分からなかった私は、家に帰ってきて「ハイドレイト」を辞書で調べてみたところ、「水和物」と出てきて、なにか大変な症状なんじゃないかとオロオロしたことがありました。

”Keep her hydrated.”とは、ようするに「水分補給をし続けてください」ということ。

熱で体の水分が失われるから、脱水症状にならないように、水分を補給してくださいということだったのです。

hydrateが「水分補給をする」「水分が補給されている状態」を意味するので、対義語のdehydrateには「乾燥する」「脱水する」などの意味があります。

例文)

“My mom dehydrates and drys fresh herbs.” (私のお母さんは乾燥ハーブをつくっている。)

乾かすの英語④:「Evapolated」

最近、ヒマラヤピンクソルトだとかハワイアンレッドソルトだとか、おしゃれでミネラルも豊富な塩が人気で、グロッサリーストアの塩セクションにもいろんな種類の塩がずらりと並んでいて、どれを選ぼうか迷います。

そんな塩セクションで、”evaporated sea water”とか”solor evaporation”とか書いてあるパッケージをちらほら目にします。

なんだろうと思って調べてみたところ、海水を蒸発させたり、天日干ししてつくっている塩のことだとわかりました。

evaporateには「蒸発させる」「水分をぬく」といったような意味があります。

他には”evaporated milk”(無糖練乳)などもアメリカのグロッサリーストアではよく見かけます。

日常会話で耳にするというよりは、”Water evaporates when it’s boiled.”などという感じで、こどものサイエンスのテキストなどで目にする表現ですが、食品の表示に使われていることもあるので、覚えておくと役に立つと思います。

まとめ

  1. dry
  2. air
  3. dehydrate
  4. evapolate

アメリカの日常生活の中に登場する「乾かす」の英語での表現方法を紹介しました。

各項目でも少し触れたように、airやdehydrateなどは、air dryあるいはdehydrate and dryというような感じで、dryとセットで使われることも多いです。

Airやdehydrate自体にも「乾かす」という意味は含まれているんですが、dryとセットでつかうことで、どのような方法で乾かすのかという、dryの形容詞的なニュアンスで使われることがあるのです。

そういった意味で、「乾かす」という意味を英語で表現するためには、いろいろなニュアンスでdryを使いこなせることが、ひとつの大きなポイントかもしれません。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<