英語の待ち合わせフレーズ8選!時間や場所を伝える表現を完全マスター

英語を話す友達ができたらぜひ一緒に遊びに行ったりしたいですよね。

あれ?でも英語で待ち合わせってスムーズにできますか?

英語での待ち合わせ。言えそうで言えないフレーズがたくさんあると思います。

今回は英語で待ち合わせする時に使えるフレーズを8個ご紹介します!

英語の待ち合わせ:基本ルール

待ち合わせには「誰と・いつ・どこで」という基本情報が必要ですが、これらはどのような順番で並べたら良いのでしょうか?実は「重要なことから先に並べていく」というルールが英語にはあります。

例えば「私は友達と図書館で4月15日(金)1時に会う」という文章で「1時に」ということを強調したいのであれば

I’m going to meet up with my friend at 1 p.m. Friday 15 April at the library.

と「1 p.m.」を先に持って来れば良いですし、「図書館で」ということを強調したいのであれば

I’m going to meet up with my friend at the library Friday 15 April at 1 p.m.

と言えばOKです。

もしも特に強調したいものがない場合は

目的語(誰)、場所、時間、日付

という順番が一般的です。

Meet up

先ほどの例文でも出てきましたが「待ち合わせをする」という言い方でよく使われるのがこのMeet upです。

Let’s meet up in front of the station at 8 p.m. and get some beer.
(駅の前で8時に待ち合わせして飲みに行こうよ)

Meet

Meet upとMeetはどちらも待ち合わせには使うことのできる表現ですが、Meet upはすでに会ったことのある親しい友人などに、Meetは初めて会う人に対して使います。

Let’s meet at the office 28 march.
(3月28日にオフィスでお会いしましょう)

Let’s get together

Get together=集まる、という意味。こちらの表現もよく使われます。

TGIF! Let’s get together after work at your bar!
(花金だ!仕事の後あなたのよく行ってるバーで集まろうよ!)

※TGIF=Thank God It’s Friday

I’ll be waiting for you

直訳すると「私はあなたを待っています」という意味になります。待っている=会う、ということで待ち合わせにも使える表現になりますね。

I’ll be waiting for you at our coffee shop at 3.
(じゃあ、いつものコーヒー屋で3時に待ってるね)

※your bar, our coffee shopなど「誰々の」という言葉をつけると「よく行く〜」という風によく行く場所を表すことができます。

Meet you later

すぐあとに待ち合わせする時に使えるフレーズ。軽い感じの待ち合わせに使えます。

Meet you later on the 1st floor!
(後で一階でね!)

What time and where do you want to meet up?

何時にどこで待ち合わせする?という表現。What time and where? と言ってもOK。

Can we go there together?
(一緒に行かない?)

Sure! What time and where do you want to meet up?
(いいよ!何時にどこで待ち合わせする?)

I just got here

着いたよ!という表現。待ち合わせの時には必須のフレーズです。

Iを取ってjust got hereと言うとよりカジュアルになります。

I just got here! Where are you?
(着いたよ!どこにいるの?)

Will 5 work for you?

「5時で平気?」と聞きたいときはWorkを使いましょう。Workには「具合・都合が良い」という意味があります。Is 5 a good time for you?と言っても同じ意味になります。

Let’s meet at the company then.
(それじゃあ会社で待ち合わせしましょう)

Ok. Will 11 work for you?
(分かりました。11時で良いですか?)

まとめ

今回は待ち合わせに使えるフレーズを8個ご紹介しました。Meetについては少しややこしいですが

  • Meet→初めての人
  • Meet up→以前会ったことのある親しい人

と覚えてください。またビジネスなどフォーマルな場所では“Meet with”を使うとフォーマルな印象になります。

それではまたお会いしましょう!Thank you for reading! Until next time, take care!

ーーー

このブログを運営しているREOです。

24歳の現在、僕は就職をせず、
世界中を飛び回って生活をしています。

一度きりの人生、やりたいことは沢山ありました。
そのために英語も勉強してきました。

けど現実はきびしく、
時間も限られているし
金銭的な問題もあるし
生活のために働く必要もある。

せっかく英語を勉強しても、
理想の人生を実現するのは簡単じゃなかった。

こちらのレポートにも書いたように
当時は様々な苦悩がありました。

そんな僕でも、今では英語を武器に
個人として自立していける力を身につけ
理想としたライフスタイルを実現できています。

下記、僕の無料メルマガでは
英語×自己実現の具体的内容を発信してるので、

現状の生活に物足りなさを感じている、
まだまだ人生で挑戦したいことが沢山ある、
そんな方はぜひ登録いただけると嬉しいです。

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<