3倍速学習法

「とっくに」を英語で言うと?ネイティブがよく使う4つのフレーズ

英作文を書いている時や、外人と話している時、ちょっとしたフレーズを「この日本語って英語でなんていうんだっけ?」と思うことはないですか?

私はアメリカに住んでもう10年になるのですが、未だに、ちょっとした日本語の単語を英訳する時に、「あれ?なんていうんだっけ?」と思うことがあります。

そして辞書で引いて見ると、「な〜んだ。こう言えばよかったのか〜」と簡単な単語が出てきてびっくりすることがあります。

「とっくに」もその一つ。

「とっくに」という単語は、アメリカに住み始めた頃、英語でネイティブと話している時に「なんていうんだろう?」と、すぐに出てこなかった単語です。

あとで辞書を引いてみると、「なんだ、こう言えばよかったのかー」と思った覚えがある思い出深い単語なんです。

ここでは、そんな「とっくに」の表現の仕方をご紹介したいと思います。

「とっくに」を表す「already」

「already」という単語を知っていますか?

「already」というと、日本で英語を勉強した人は「すでに」と訳してしまうと思います。

でも、「already」は、「とっくに」を英訳する時に、とても簡単で便利な英語なんです。

よく考えてみると、言葉は違うけど、意味るすことは同じだと思いませんか?

「とっくに」と言いたい時は、この「already」を使えばいいのです。

Michael has finished his homework already.

(マイケルはとっくに宿題を終わらせてるよ)

Janice has already received the letter.

(ジャニスはとっくに手紙を受け取っている)

I already met her.

(私はとっくに彼女と会ったことあるよ)

「already」は、そのままでも「とっくに」と言う意味に使えますが、現在完了形の「have」や「has」をつけると、ネイティブっぽい表現になりますね。

「とっくに」を表す「a long time ago」

「とっくに」を辞書で引くと「a long time ago」という簡単な表現も出てくると思います。

これもそのまま使えますね。

この「a long time ago」は、どれも中学生の時に習った単語の組み合わせ。

「とっくに」を難しく考えないで、「ずいぶん前に」と考えれば、この「a long time ago」でいいことはお分かりになるでしょう。

I finished watching the movie a long time ago.

(とっくにその映画を観てるよ)

Michael came home a long time ago.

(マイケルはとっくに帰ってるよ)

この「a long time ago」の time を whileに置き換え当て「a long while ago」でも同じような意味になるので、使ってみてくださいね。

「long ago」だけでも「とっくに」と辞書には載っていますが、ネイティブの方はあまりこちらは使わないようです。

余談ですが、「a long time ago」に一つlongを加えて「a long, long time ago」となれば、物語のはじめなどに出てくる「むか〜し、昔」という言い方になりますので、覚えておくといいかもしれませんね。

それ以外の「とっくに」の表現方法

上記に挙げた「already」や「a long time ago」の他にもいくつか表現はあります。

例えば、「long gone」を使って表現すると

Michael is long gone.

(マイケルはいなくなってしばらく経つ→マイケルはとっくに行ったよ)

「Michael is gone.」+「long」

(マイケルが行ってしまってから)+ (長い) → (マイケルはとっくに行ったよ)

となります。

「well past」も「とっくに」の意味で使えます。

例えば

It’s well past midnight.

(十分に、夜中を過ぎている → とっくに夜中を過ぎている)

「It’s past midnight.」+「well」

(夜中を過ぎています)+(十分に) → (とっくに夜中を過ぎている)

となります。

まとめ

「とっくに」は「already」(すでに)で表現できる

「とっくに」は「a long time ago」(随分前に)で表現できる

「long gone」や「well past」でも、「とっくに」を表現できる

一言で「とっくに」と言われると、難しく考えて、英語でなんというのかがわからなくなってしまいますが、単純に意味を考えれば、中学生で習った英語で表現できるんですね。

英語には、このように、とても簡単に表現できる言葉がたくさんあります。

是非、どんどん覚えて使ってみてくださいね。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<