wanna,gonna,gottaの使い方がすぐわかる!5分で意味を徹底解説

あなたが英会話をしている時に「wanna」「gonna」「gotta」この3語を聞いたことがありますか?

もしくはこれらの言葉が出てきたのに聞き取ることが出来ず、何を言っているのか分からなかった、なんてことはありませんか?

これらの言葉はネイティヴスピーカーが頻繁に使うフレーズなので、これらを知らないと大変なことになってしまいます!

そんな困った事態にならないよう今回はこの3つの言葉の使い方やポイントについてお話ししていきたいと思います。

大切なフレーズなのでしっかり覚えていきましょうね!

wannaの意味と使い方

Wanna = want to, do you want toまたはwant aです。

カジュアルな表現なのでメールやSNS、友人間などでは使うことが出来ますがビジネスの場では使えないので注意しましょう。

基本的には自分や相手のしたいことや近い未来に実現したいことを表す時に使います。

<使い方>

I wanna go on a date with him.
(彼とデートしたい)
I wanna peace of cake.
(ケーキ食べたい)

※もとはI want a piece of cake の形。食べたいものが目の前にあり明らかにケーキだとわかる時は I wanna peace だけでもOKです。

Wanna eat this?
(これ食べたいの?)
Wanna watch that movie?
(あの映画観たいの?)

Wannaはwant to のことなので肯定文でshe/heが主語の時は使うことが出来ません。また過去形は基本的にありませんが、SNSなどでwannated to などと無理やり過去形にして使うこともあります。

しかしこれは日本語の「ディスった」のような意味は分かるけれど間違った使い方であるスラングなのでwannaよりは使用頻度が低くなります。

gonnaの意味と使い方

I’m going to…のgoing toの部分がgonnaになります。なので必ずgonnaの前にはbe動詞が必要ですね。時々つけ忘れてしまっている文章を見ますので気をつけてください!

またI’m gonna, she’s gonnaなどの文章はgoing toつまり「未来の予定を表す」というニュアンスがあります。

例えば

  1. I’ll do it.
  2. I’m gonna do it.

は日本語ではどちらも「私がやります」になりますが、

細かいニュアンスとしては、①は「私が私の意思でやりますよ」という感じ、②は「私が(私の意思とは関係なく)やることになっています」という感じになりますね。

<使い方>

I’m gonna take a train!
(電車に乗るね!)
You’re gonna be a ok.
(大丈夫だよ)

※ちなみにaは「エイ」と読みOKであることを強調する子供などに使う表現です。

このgonnaは主にアメリカで使われる表現になります。イギリスなどではこの表現を嫌う人もいますが、スイスや中国、イタリアやメキシコなど英語圏でない人が英語を話す時にも多用されていますね。

gottaの意味と使い方

Gotta = have got toです。これは「〜しなければいけない」つまりshouldやhave toと同じ意味になりますね。

gottaは過去完了形が含まれていますが、ここでもう一度英語の過去完了形が持つニュアンスをおさらいしてみましょう。過去完了形が持つニュアンスは「〜した、だから…」というものでした。

少し例を見てみましょう。

I gotta go now.

(行かなくちゃ→だからもう行くね)

You gotta help her out.

(彼女を助けてあげなくちゃ→だから助けてあげて)

こんな風に第2段階の訳「(だから)もう行くね」「(だから)助けてあげて」で理解すると、話し手の気持ちまで理解することが出来ますね。

<使い方>

I gotta take this.
(ごめん、出なくちゃ)

※電話が急にかかってきた時など

I gotta tidy here up.
(ここ片付けないと)

こちらの表現も主にアメリカで使われる表現になります。同じ英語圏でもオーストラリアなどではほとんど使われていません。

I gotta goは特によく使われるフレーズで映画などの字幕では「失礼します」などと訳されていることが多いですね。

まとめ

  1. Wanna = want to, do you want to, want a
  2. Gonna = going to
  3. Gotta = have got to

この3つがネイティヴスピーカーの間で多く使われているのは何と言っても言いやすいからです。

この3つを使いこなせればあなたの英語もよりスムーズにより多くのことが言いやすくなると思いますよ!試してみてくださいね。

ーーー

このブログを運営しているREOです。

僕は大学生のころに英語の素晴らしさに気づき、
試行錯誤しながら独学で英語を勉強してきました。

人とコミュニケーションするのが苦手で
全く何も誇れるものもなかった僕ですが、
英語のおかげで人生が大きく変わっていきました。

最初はリスニングすらまともにできず
相手が何を言ってるのかもわかりませんでしたし、
英語をマスターするなんてはるか遠い目標でしたが・・

結局は慣れなんですよね。
正しい方法で勉強を続けていくのが、
英語習得の近道です。

僕がどのようにして独学4年間で英語を身につけたか、
その方法を期間限定で公開しています。

【下記画像をクリックして、独学4年間で英語を身につけた方法を読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

初出版記念!
電子書籍無料プレゼント中


「最速で英語を身につけたい」
「英語を英語のまま楽に理解してみたい」

実はこのようなことは誰でも可能です。

僕(REO)が2000時間以上独学し、
英語脳になるために必要な勉強法をこの1冊にまとめました。

本来有料で販売されている書籍ですが
期間限定で無料で手に入れることができます。

本気で英語を身につけるためにも
ぜひ手に取ってみてください。