3倍速学習法

「あたり」「はずれ」を英語でいうと?色々な言い方をまとめてみた

みなさんこんにちは!

「あたり」と「はずれ」という日本語、日常生活で意外とよく使いますよね。

でも英会話でふとこの言葉を言いたい時、言葉につまってしまったことはありませんか?

そこで今回は「あたり」と「はずれ」の言い方をみなさんと一緒に学習していきたいと思います。

クジの「あたり」と「はずれ」

クジの「あたり」と「はずれ」は「win」と「lose」で表すことができます。

Congratulations! You won the lottery.

(おめでとうございます!当たりくじです)

I lost the lottery, so I had to pay for it.

(くじにはずれたからお金を払わないといけない)

またはずれくじを引くことは「draw a blank(何も書いていないものを引く)」と言います。

I’m sorry, but you drew a blank.

(残念、はずれです)

「draw」という単語は「draw a picture(絵を描く)」という表現で覚えている人が多いと思いますが、コアの意味は「引く」です。

そのため引き出しのことを「drawer」と言いますよね。お金を引き出すのも「draw money」と言います。

さらに「draw a blank」という表現には「失敗をする」「言葉が出てこない」という意味もあります。

Peek a booooooo!

(いないいないばああああ!!)

…………….

(・・・・・・・・)

Oh, I drew a blank…

(おっ、ギャグがスベっちゃった)

umm…I’m drawing a blank here.

(うーん、言葉が思い出せない・・・)

※頭に白紙を描いている→思い出せない

物事を判断するときの「あたり」と「はずれ」

「あたり」と「はずれ」には「今回のコンサートは安かったけど、あたりだった」「この服高かったけど直ぐに縮んだ、はずれだった」など、物事の良し悪しを判断する「あたり」と「はずれ」の言い方もありますよね。

ここではもう一つの「あたり」と「はずれ」の言い方をみてみましょう。

「あたり」と「はずれ」①This is the what I was expecting./I was expecting something better.

(あたりだった/はずれだった)

「expect」は「予測する」という単語ですが、良いことの時は「期待する」、悪いことの時は「予想する」というニュアンスで使われます。

つまり

This is the what I was expecting.

(期待していたものそのものだった→あたりだった)

I was expecting something better.

(もっと良いものを予想していた→はずれだった)

という解釈ですね。

「あたり」と「はずれ」②This is the best./This isn’t the best.

シンプルに「best」を使ってもOK。

気分によって「best」の代わりに「great」「excellent」を使って

This is great./This is excellent(あたりだ!)

と言うこともできますね。

「あたり」と「はずれ」③hit or miss

この表現はお店などに対して「あたりはずれがある」という時に使うことができます。

It can be  hit or miss at the English school. It depends on the teachers.

(その英会話スクールはあたりはずれがあるよ。先生によるし)

また「hit or miss」には「行き当たりばったりの」という意味もあります。

It was a hit or miss shower.

(通り雨が降った)

ときどき「hit and miss」と言われることもありますね。

まとめ

今回は「あたり」と「はずれ」の英語表現についてご紹介しました。

日本語での「あたり」と「はずれ」にも色々な使い方がありますが、英語でもどの「あたり」と「はずれ」なのかによって表現が違いましたね。

また今回紹介した「draw a blank」は「ハズレくじを引く」という意味だけでなく日常生活で使える面白い意味がありましたね。

「ギャグが滑る」というのはなかなか英語に訳すのは難しそうですが、この「draw a blank」を覚えておけば完璧です!

ぜひ本記事で紹介した表現を英会話で使ってみてください。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<