人気記事

サイト運営者の元北大生レオの物語です。

・なぜサイト運営をしているのか?
・なぜ就職していないのか?
・どのように個人の力で生きているのか?

留学中の方に大好評の記事です。
あとでぜひ読んでみてください。

→独学英語LIFEの裏話。不安だらけの元北大生の起業物語

「故障」は英語で何という?よく使われる4つの言い回しを覚えよう!

海外旅行中にトラブルが起こることもありますよね。

ホテルにある備品を壊してしまったり、レンタカーに不具合があったり。

そんな時に覚えておきたいのが「故障する」という英語の表現。

今回は英語で「故障してしまった」と言いたいときのフレーズをご紹介していきます。

一番ベーシックな表現「Break」を使ってみよう

「壊れる」という事を伝えるときに、良く使われるのがこの「Break」と言う単語。

「壊れてしまった」と言いたいときには、過去分詞を使って、「It is broken.」という事ができます。とってもシンプルですね。

「Break」にもうひと単語付け加えて使われるのが、「Break down」と言う表現。

この表現、いろんなところで使われています。

例えば、借りていたレンタカーに不具合を感じたときなどは、

「Looks like the car broke down last night.」

なんだか昨夜、車が故障してしまったみたいなんです。

なんて感じで使うことができます。

「Break」は、車から機械、そして骨折した時なんかも、「I broke my bone.」(骨折しちゃった。)と言う事ができる、とっても万能な単語なんです。

トイレなどで見かける表示「Out of order」

外国のトイレに行くとよく目にするのがこの「Out of order」のサイン。

私も初めて見たときは、「どういう意味なんだろう。」と思ってしまったのですが、分解して考えてみると、「Out of」が不足しているや、~がなくてと言う意味。

そして「Order」はいろんな意味がありますが、ここでは、調子や状態という意味と考えると、調子が不足している、調子が悪いという意味になります。

ですので、このトイレは調子が悪い、故障していると解釈することができますね。

トイレ以外にも、エレベーターやドアなんかに張り紙がされている場合もあって、

「This elevator is out of order. Please use the staircase.」

このエレベーターは故障中です。階段をお使いください。

など、「故障中なので〇〇をお使いください。」と、別の選択肢が書かれていることもあります。

「Out of order」のサインを見たら、無理に使おうとせずに張り紙に書かれている通りに、別のドアから入ったり、エレベーターではなく、階段を使ったりするようにしましょう。

「Work」を使って故障したことを伝えよう

私がよく使う表現が、この「Work」という単語を使ったフレーズ。

「Work」というと働くという意味だと思いますよね。ですが、故障しているという時にも使えるんです。

例えば、

「This machine is not working anymore. I’ve been using it too long.」

このマシーンはもう使えないのよ(故障しているのよ)。長年使ってきたからね。

なんて感じになります。「Not Working」で、「使えない」という意味で使われることが多く、他にも故障と言う意味ではなく、

「This mobile phone doesn’t work in Canada.」

この携帯電話はカナダでは使えません。

なんて感じで使われることもあります。

覚えておくと、表現の幅を広げることができるフレーズです。

何かがおかしい問うことを伝えたい時には、「Something is wrong」を使ってみよう

故障しているのか、使い方が間違っているのか分からないけれど、自分では解決できない!誰かに相談したい!なんていう時ってありますよね。

そんな時には、「Something is wrong」というフレーズを使ってみましょう。

例えば、ホテルに宿泊の際に、

「The heater in my room is making weird noise. I think something is wrong.」

私の部屋のヒーターがおかしな音を出しているんです。故障している様なのですが。(何かがおかしいみたいなのですが。)

と伝えれば、

「Ok, I am coming to check your heater. 」

今からお部屋に伺ってヒーターを確認してみます。

とか、電話越しに直し方を教えてもらうことができますよ。

一緒に覚えたい「直す」という表現

故障してしまったら、修理に出さなくてはなりませんよね。

そんな時に「Break」(壊れる)と一緒に覚えたいのが、「Fix」と「Repair」という単語。

どちらも修理をする、直すという意味です。

使い方としては、

「My iPhone is not working. Do you think you can fix it? 」

わたしのiPhoneが壊れてしまったみたいなのですが、直せますか?

「I can fix it but I recommend you to buy new one. It’s cheaper that way.」

直せますが、新しいものを買ったほうが良いですよ。そのほうが安いです。

なんて感じの会話ができますよ。

まとめ

海外旅行や留学中にトラブルはあるもの。

私も留学中にシェアハウスの洗濯機が壊れたり、学校のエレベーターが故障中だったりと、いろんなトラブルがありました。(汗)

ですが、そんな時に「壊れている」や、「直す」といった単語やフレーズを知っていれば、パニックになることなく問題を解決できます。

いろんな表現を覚えておいて、何かハプニングがあった時も、すぐに対応できるようにしておくと良いですね♪

個人のスキルを高めたい方へ

僕は大学生の頃に
このサイトを立ち上げました。

ネットで発信すること。
それが僕の仕事です。
現在は誰からも雇われずに生活しています。

正直怪しいと思います。
けどこれまでに何十人もの留学経験者や
英語を勉強している方の相談を受け、
僕の経験をお話することで
めちゃくちゃ刺激になったという方がいます。

すべての方に当てはまるかは不明ですが、
僕がどのようにして
現在の個人で生きる道にいたったのか?

下記の記事では
僕、運営者レオの物語を書いています。

意外とゆるい感じで書いてるので、
興味のある方は読み物の感覚で
さらっと読んでみてください。けっこう楽しめるかと思います。

→【独学英語LIFEの裏話】22歳の頃に起業したレオの物語