3倍速学習法

もしよろしければ」を英語で言ってみよう!フレーズを8個紹介!

「もしよければ」って良く使うけれど、なかなか英語にしづらいフレーズですよね。

英語で「もしよければ」という時は色々な言い方がありますので、どれを選んだら良いか分からなくなってしまうと思います。

そこで今回は「もしよければ」の言い方についてまとめてみました。

使えるフレーズを8個紹介しますので、この機会にまとめて覚えてしまいましょう!

もしよければ①「If you want」

「もしよければ」をそのまま訳したフレーズ。文章にくっつけるだけで控えめな五感を表現することができます。

You can pick some, if you want.

(もしよければ、いくつか取ってください)

「if you want」を「if you’d like」に変えるとさらに丁寧になり、ビジネスシーンなどでも使えます。

もしよければ②「If you’re up for it」

これは「もしよければ」のカジュアルな表現。ネイティブスピーカーはよく使います。

If you’re up for it, can we talk on the phone?

(もしよければ電話しない?)

I’m up for it!

(いいね!)

※主語を「I」に変えると自分が乗り気であることを表現できます。

もしよければ③「If that’s ok」

日本語でも「もしよければ」は「もしOKだったら」という表現に言い換えられますよね。それを英語表現にしたのがこの表現です。

If that’s ok with you, let’s go at 2.

(もし大丈夫なら2時に行きましょう)

If that’s ok with youの「with」は「for」にも置き換えることができ、どちらかと言うと「for」の方がナチュラルというネイティブスピーカーもいます。

もしよければ④「If I may」

ビジネスシーンでも使えるフォーマルな表現です。文頭にも文末にもつけることができ、

If I may, I’ll explain about our products.

(もしよろしければ、私どもの商品について説明させていただきます)

「may」は許可を求める単語です。「言わせていただけるならば」という語感にしたい時は

If I may say

と言えばOKです。

もしよければ⑤「if possible」

「もし可能であれば」という意味。

ちなみに「possible」も「probable」もどちらも「多分」という意味ですが、「possible」の方が可能性が低いです。

また、「if possible」は「もしできれば」という意味で使うこともできます。

If possible, I would like change the schedule.

(もし可能ならスケジュールを変えたいのですが)

もしよければ⑥「If you don’t mind」

「もしあなたが気にしなければ」という表現。

この表現は一般的に、前置き無しには言いづらいような事柄の前に置かれます。

If you don’t mind, can you finish this job instead of me?

(もしよければ、私の代わりにこの仕事終わらせてくれる?)

もしよければ⑦「if it works for you」

これは「差し支えなければ」という意味の表現です。

ネイティブスピーカーは良く使う表現で、

Let me know if it works.

(それでよければ教えてください)

というふうに日常会話でもビジネスでも良く使われる表現です。

「work」はいろいろなシーンで使える単語で

Does it work for you?

は「あなたの都合はどうですか?」という意味になりますね。

もしよければ⑧「if you have time, if you have chance, if you have energy」

「もしよければ」は英語では場面によって使い方が変わります。

Please answer the questions, if you have time.

(よろしければ質問にお答えください)

If you have chance, please tell Kate that I’m a big fan of her.

(もしよければ、ケイトに私が大ファンであると伝えてください)

また、

If you’re hungry, let’s have something to eat.

(もしよければ何か食べに行きましょう)

など「if〜」は色々なパターンで使えますね。

3倍のスピードで英語を身につけるおすすめ学習法

当ブログ運営者のREOが
英語学習に取り組んだ当初、

思ったように英語が全然伸びない
リスニングも全然聞き取れない
→だから英語学習が苦痛に感じる
→やる気がだんだん消え失せる
→だらだらマンネリ化する
→英語学習しんどい・・

という状態から、

勉強法を変え、
300時間で英語がほぼペラペラになり、
TOEIC850点を達成することに成功した
英語の最速学習法を公開しています。

ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで
習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか
当たり前に起こります。日常茶飯事です。

その具体的な方法を
今回1つのレポートにまとめてみたので、
英語学習中の人はぜひ読んでみてください。

どうやら読んだ方からの評判はいいようです。笑

3倍速英語学習法を無料で読んでみる

>>詳細は画像もしくはこちらをクリック<<